Tableau Server でAzure Data Lake Storageに接続されたダッシュボードを公開

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure Data Lake Storage JDBC Driver

Azure Data Lake Storage データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



CData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage とTableau Server を使用してAzure Data Lake Storage データをビジュアライズ。

Tableau Server は、企業が問題解決にデータを使用する方法を変革するビジュアル分析プラットフォームです。CData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage と組み合わせると、Tableau Server 内のライブAzure Data Lake Storage データにアクセスできます。この記事では、Tableau Desktop でAzure Data Lake Storage に接続してデータソースをTableau Server に公開し、そのデータから簡単なグラフを作成する方法を説明します。

CData JDBC Driver は、Tableau Server のライブAzure Data Lake Storage データへの高速アクセスを可能にします。ドライバーをインストールすると、Azure Data Lake Storage に認証するだけで高速で動的なビジュアライゼーションとダッシュボードの構築を開始できます。CData JDBC Driver は、ネイティブのTableau データ型を使用してAzure Data Lake Storage データを表示し、複雑なフィルタ、集計、その他の操作を自動的に処理することでAzure Data Lake Storage データへのシームレスなアクセスを可能にします。

Tableau Server でAzure Data Lake Storage への接続を有効にする

Tableau Server をホストしているマシンにCData JDBC Driver をインストールすることから始めます。

サーバーがLinux マシンの場合:

  1. cdata.jdbc.adls.jarcdata.tableau.adls.lic をコピーします。
  2. コピーをTableau Server Connectors フォルダ(/opt/tableau/tableau_driver/jdbc)に配置します。
  3. Tableau Server を再起動します。

サーバーがWindows の場合:

  1. cdata.jdbc.adls.jarcdata.tableau.adls.lic をコピーします。
  2. コピーをTableau Server のドライバーディレクトリ(C:\ Program Files\Tableau\Drivers)に配置します。
  3. Tableau Server を再起動します。

次に、Tableau Desktop を実行しているマシンにCData JDBC Driver をインストールします。Windows でTableau を起動する前に、.jar ファイルがC:\Program Files\Tableau\Drivers フォルダに配置されていることを確認してください。macOS でTableau を起動する前に、.jar ファイルが~/Library/Tableau/Drivers フォルダに配置されていることを確認してください。

Tableau Desktop からAzure Data Lake Storage に接続する

ドライバーがServer マシンにインストールされると、Tableau Desktop のAzure Data Lake Storage への接続を構成してAzure Data Lake Storage ベースのデータソースをTableau Server に公開できます。

  1. Tableau Desktop を開きます。
  2. 「Connect」->「To a Server」の下の「More」をクリックします。
  3. 「Other Databases (JDBC)」を選択します。
  4. データへの接続を構成します。ドライバーには、接続文字列のコンテンツの作成と管理を効率化する接続文字列デザイナーが付属しています。接続文字列の先頭に「jdbc:adls」を手動で追加する必要があることに注意してください。
  5. 「Sign In」をクリックします。

Authenticating to a Gen 1 DataLakeStore Account

Gen 1 uses OAuth 2.0 in Azure AD for authentication.

For this, an Active Directory web application is required. You can create one as follows:

  1. Sign in to your Azure Account through the .
  2. Select "Azure Active Directory".
  3. Select "App registrations".
  4. Select "New application registration".
  5. Provide a name and URL for the application. Select Web app for the type of application you want to create.
  6. Select "Required permissions" and change the required permissions for this app. At a minimum, "Azure Data Lake" and "Windows Azure Service Management API" are required.
  7. Select "Key" and generate a new key. Add a description, a duration, and take note of the generated key. You won't be able to see it again.

To authenticate against a Gen 1 DataLakeStore account, the following properties are required:

  • Schema: Set this to ADLSGen1.
  • Account: Set this to the name of the account.
  • OAuthClientId: Set this to the application Id of the app you created.
  • OAuthClientSecret: Set this to the key generated for the app you created.
  • TenantId: Set this to the tenant Id. See the property for more information on how to acquire this.
  • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

Authenticating to a Gen 2 DataLakeStore Account

To authenticate against a Gen 2 DataLakeStore account, the following properties are required:

  • Schema: Set this to ADLSGen2.
  • Account: Set this to the name of the account.
  • FileSystem: Set this to the file system which will be used for this account.
  • AccessKey: Set this to the access key which will be used to authenticate the calls to the API. See the property for more information on how to acquire this.
  • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

スキーマの検出とデータのクエリ

Azure Data Lake Storage データへの接続を確立したら、ビジュアライズするエンティティを構成できます。

  1. Database プルダウンメニューからCData を選択します。
  2. Schema プルダウンメニューからADLS を選択します。
  3. ビジュアライズするテーブルとビューを結合キャンバスにドラッグします。複数のテーブルを含めることができます。
  4. Update Now またはAutomatically Update を選択します。[今すぐ更新]では、データソースの最初の10,000 行をプレビューできます(または[Rows]テキストボックスに表示したい行数を入力します)。[自動更新]では、プレビューエリアの変更を自動的にロードします。

Tableau Server にデータを公開する

ビジュアライズするデータを構成した後、データソースをTableau Server インスタンスに公開できます。Tableau Desktop にて:

  1. 「Server」->「Sign In」とクリックします。
  2. Tableau Server のURL を入力します。
  3. Tableau Server の資格情報を使用して認証します。
  4. 「Server」->「Publish Data Source」とクリックし、データソースを選択します。
  5. 「Publish」をクリックします。
  6. [Project]を選択し、データソースに名前を付けてオプションで説明を追加します。
  7. 「Publish」をクリックします。

これにより、サーバーのデータソースリストの下に新しいエントリが作成され、データソースの権限の変更、履歴の表示、およびその他の管理タスクを実行できます。

同じサーバーに接続されたワークステーションは、ドライバーがインストールされていなくてもTableau Desktop で同じソースを使用できることに注意してください。また、Tableau Server で(Web インターフェースを介して)直接作成されたワークブックは、このソースを使用できます。

Tableau Server でAzure Data Lake Storage データをビジュアライズ

Tableau Server に公開されたデータソースを使用すると、Azure Data Lake Storage データをビジュアライズすることができるようになります。

  1. Tableau Server インスタンスにログインします。
  2. Connect サイドバーの「Search for Data」->「Tableau Server」を使用して、リモートソースに接続します。
  3. 公開されているデータソースをクリックします。
  4. 「New Workbook」をクリックします。
  5. ワークブックでは、Azure Data Lake Storage フィールドはデータ型に応じてDimensions およびMeasures としてリストされています。CData JDBC Driver は、データ型を自動的に検出し、Tableau の強力なデータ処理及びビジュアライゼーション機能を活用できるようにします。
  6. Dimensions またはMeasures 領域からRows またはColumns にフィールドをドラッグします。Tableau はカラムヘッダーまたは行ヘッダーを作成します。
  7. Show Me タブからチャートタイプのうちの一つを選択します。Tableau は、選択したチャートタイプを表示します。

CData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage をTableau Server と使用することで、Azure Data Lake Storage データで強固なビジュアライゼーションとレポートを簡単に作成することができます。30日間の無償トライアルをダウンロードして今すぐ始めましょう。