製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

DBArtisan でJDBC 経由でBusiness b-ridge Data をデータ連携利用

DBArtisan のウィザードを使用して、Business b-ridge のJDBC データソースを作成します。

CData JDBC Driver for Business b-ridge は、データベースとしてBusiness b-ridge data に連携できるようにすることで、Business b-ridge data をDBArtisan などのデータベース管理ツールにシームレスに連携します。ここでは、DBArtisan でBusiness b-ridge のJDBC ソースを作成する方法を説明します。データを直観的に標準SQL で実行できます。

Business b-ridge Data をDBArtisan Projects に連携

以下のステップに従って、Business b-ridge をプロジェクトのデータベースインスタンスとして登録します。

  1. DBArtisan で、[Data Source]->[Register Datasource]とクリックします。
  2. [Generic JDBC]を選択します。
  3. [Manage]をクリックします。
  4. 表示されるダイアログで、[New]をクリックします。ドライバーの名前を入力し、[Add]をクリックします。次に、ドライバーJAR に移動します。ドライバーJAR は、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  5. Connection URL ボックスで、JDBC URLに資格情報とその他の必要な接続プロパティを入力します。

    When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

    To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

    • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
    • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

    Authenticate to Business b-ridge Account

    Set the following connection properties to connect:

    • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
    • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
    • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".

    ビルトイン接続文字列デザイナー

    JDBC URL の構成については、Business b-ridge JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.businessbridge.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    下は一般的な接続文字列です。

    jdbc:businessbridge:InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  6. ウィザードを終了して、Business b-ridge に接続します。Business b-ridge エンティティは、[Datasource Explorer]に表示されます。

ほかのデータベースを使うのと同じように、Business b-ridge を使うことができます。 Business b-ridge API にサポートされているクエリについてのより詳しい情報は、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。

 
 
ダウンロード