製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

JasperReports Server で Business b-ridge に連携する帳票を作成

CData JDBC Driver をJasperReports Server に配置して、Jasper Studio でリアルタイムBusiness b-ridge データを連携利用する帳票を作ろう。



CData JDBC Driver for Business b-ridge は企業全体のBusiness b-ridge へのデータ連携を可能にします。この記事では、JasperReports server にドライバーを配布してレポーティングドメイン、ビルディングブロックを作成し、ad hoc 帳票を作成する方法を説明します。


※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Business b-ridge ドライバーのJAR を配布

下記の手順に従って、ドライバーのJAR をJasperReports server に配置します。標準的なプロセスに従って、JNDI データソースをTomcat またはJBoss に配布できます。以下の説明にはBusiness b-ridge およびJasperReports Server にバンドルされたTomcat server の詳細が含まれます。

  1. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のドライバーJAR およびlic ファイルを、apache-tomcat フォルダの[lib]サブフォルダにコピーします。
  2. 以下のリソースエントリーをjasperserver-pro Web アプリケーションのcontext.xml に追加します。これはアプリケーションの[META-INF]サブフォルダに配置されています。必要な接続プロパティをJDBC URL に指定します。

    When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

    To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

    • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
    • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

    Authenticate to Business b-ridge Account

    Set the following connection properties to connect:

    • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
    • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
    • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".
    <Resource name="jdbc/businessbridge" auth="Container" type="javax.sql.DataSource" driverClassName="cdata.jdbc.businessbridge.BusinessBridgeDriver" url="jdbc:businessbridge:" maxActive="20" maxIdle="10" maxWait="-1" factory="com.jaspersoft.jasperserver.tomcat.jndi.JSBasicDataSourceFactory"/>
  3. jasperserver-pro Web アプリケーションのweb.xml に以下の参照を追加します。これはアプリケーションの[WEB-INF]サブフォルダに配置されています。 Business b-ridge data JSP jdbc/businessbridge javax.sql.DataSource Container
  4. サーバーを再起動します。

Business b-ridge JDBC データソースの作成

ドライバーを配布したら、JNDI 接続を作成してバンドルされたあらゆるドライバーと同じように接続できます。

  1. JasperReports Server にログインして[Create]>[Data Source]をクリックします。
  2. [Type]メニューで[JNDI Data Source]を選択します。
  3. [Service Name]ボックスにBusiness b-ridge に定義したJDNI ルックアップを入力します。例では、ルックアップは jdbc/businessbridge です。

ドメイン の作成

データのドメインはJaspersoft のメタデータレイヤです。アドホックな分析および帳票で使うことができます。

  1. [Create]>[Domain]をクリックし、ドメインにID を入力します。
  2. [Data Source]セクションで[ブラウズ]をクリックし、作成したBusiness b-ridge データソースを選択します。
  3. [Domain Design]セクションで[Create with Database Designer]をクリックします。[Select Database Schema]ダイアログが表示されます。
  4. Business b-ridge データソースを選択します。
  5. [Tables]タブの[Data Source]ペインでテーブルを選択し、矢印をクリックして[Selected Tables]に追加します。
  6. [Display]タブの[Resources]ペインでBusiness b-ridge エンティティを選択し、矢印をクリックしてリソースを[Sets and Items]ペインに追加します。

ドメインにView Based を作成

ドメインを使ってBusiness b-ridge のビジネスビューを作成したら、データに関連あるサブセットを表示するビューを作成します。下記の手順に従って、[Ad Hoc Editor]の[Ad Hoc view]にビューを作成します。

  1. [Create]>[Ad Hoc View]をクリックします。
  2. ダイアログが表示されたら、作成したBusiness b-ridge ドメインを選択します。
  3. [Choose Data]ページで、ビューで使いたいカラムを選択します。[Select Fields]セクションでは、フィルターおよび入力用のプロンプトユーザーを作成できます。[Display]セクションでは、フィールドおよびフィールド名の並び順を変更できます。
  4. ウィザードを完了したら、ビューの種類を選択しビューにカラムを追加できます。JasperSoft はドライバーのメタデータを使って、利用可能なdimensions およびmeasures をデータの種類に基づいて検出します。 [Columns] および[Rows]ボックスにdimensions およびmeasures をドラッグします。例えば、チャートを作成するには[Columns]ボックスに[excol#1]を、[Rows]ボックスに[excol#2]をドラッグします。
  5. ビューを保存します。

帳票の作成

これでドメインから帳票を作成できます:

 
 
ダウンロード