今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Exchange を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Microsoft Exchange データに連携しTalend からデータに接続

Microsoft Exchange をTalend Open Studio の標準コンポーネントおよびデータソース設定ウィザードに統合。



この記事では、Talend で簡単にCData JDBC driver for Microsoft Exchange をワークフローに統合してMicrosoft Exchange データ連携する方法を説明します。ここではCData JDBC Driver for Microsoft Exchange を使ってTalend でMicrosoft Exchange をジョブフローに転送します。

JDBC データソースとしてTalend でMicrosoft Exchange に接続

下記の手順に従って、Microsoft Exchange にJDBC 接続を確立します:

  1. Microsoft Exchange を新しいデータベース接続を追加:新しく接続を追加するには、[Metadata]ノードを展開し[Db Connections]ノードを右クリックして[Create Connection]をクリックします。
  2. ウィザードが表示されたら、接続に名前を入力します。
  3. 次のページで、[DB Type]メニューから[Generic JDBC]を選択してJDBC URL を入力します。

    Exchange への接続には、User およびPassword を指定します。さらに、接続するExchange サーバーのアドレスとサーバーに関連付けられたプラットフォームを指定します。

    以下は一般的なJDBC URL です:

    jdbc:exchange:User='myUser@mydomain.onmicrosoft.com';Password='myPassword';Server='https://outlook.office365.com/EWS/Exchange.asmx';Platform='Exchange_Online';
  4. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあるcdata.jdbc.exchange.jar ファイルへのパスを入力します。
  5. 接続を右クリックして[Retrieve Schema]をクリックします。
  6. デフォルトオプションで[Next]をクリックしインポートしたいテーブルを選択します。
  7. デフォルトオプションでウィザードを終了します。

Contacts テーブルをフラットファイルに出力

下記の手順に従って、Contacts テーブルをフラットファイル出力コンポーネントに転送します:

  1. [Table Schemas]ノードで、テーブルをワークスペース内にドラッグします。
  2. ダイアログが表示されたら[tJDBCInput]コンポーネントを選択します。
  3. 次に、[tFileOutputDelimited]コンポーネントをPalette の[Business Intelligence]タブからワークスペース内にドラッグします。
  4. Contacts tJDBCInput コンポーネントを右クリックしてベクタを出力ファイルにドラッグします。

プロジェクトを実行してデータを転送します。

 
 
ダウンロード