SSRS レポートサーバーにADO.NET Provider for Google Cloud Storage を配置してGoogle Cloud Storage 連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage ADO.NET Provider

Google Cloud Storage データに連携する.NET アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



SSRS レポートサーバーからGoogle Cloud Storage データに連携してレポートを作成。ネイティブモードレポートサーバーでも、SharePoint farm でも。



この記事では、CData ADO.NET Provider for Google Cloud Storage をSSRS レポートサーバーで配布する方法を説明します。また、共有データソースも作成します;共有データソースは、複数の帳票からライブGoogle Cloud Storage への接続を可能にします。共有データソースへは、Visual Studio のレポートデザイナーから接続できます。

ADO.NET Provider の配置

ネイティブモードのレポートサーバー、およびSharePoint server farm の一部としてインストールされたレポートサーバーに、同じ手順でプロバイダーを配布できます。プロバイダーに同梱されているInstallProvider.exe ユーティリティを使って、レポートサーバーにプロバイダーを配布します。InstallProvider.exe は、プロバイダーのインストールディレクトリの[lib]ブフォルダ内にあります。SQL サーバーのバージョン用のexe ファイルとSSRS フォルダを、配布するマシンにコピーします。/installssrs flag でexe ファイルを実行します。

.\InstallProvider.exe /installssrs PathToFolderWithSSRSDLL

Google Cloud Storage に共有データソースを作成

レポートサーバーから直接、またはSharePoint サイトから共有データソースを作成できます。あるいは、レポートデザイナーを使って作成することも可能です。

レポートデザイナー

レポートデザイナーを使って、ネイティブモードのレポートサーバーまたはSharePoint server farm のレポートサーバーで、共有データソースを作成できます。

  1. レポートサーバープロジェクトで、[ソリューション エクスプローラー]の[Shared Data Sources]を右クリックします。
  2. データソースに名前を入力し、[Type]メニューでCData GoogleCloudStorage Report を選択します。
  3. [接続文字列]ボックスでGoogle Cloud Storage に接続するための接続文字列を入力します。一般的な接続文字列は次のとおりです。 ProjectId='project1';

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: 「サービスアカウント」セクションで「サービスアカウントの管理」をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

  4. プロジェクトのプロパティに、フォルダとサーバーURL を設定します。SharePoint にパブリッシュしている場合は、すべてのプロパティの値は有効なURLである必要があります。
  5. 共有データソースを右クリックし[Deploy]をクリックします。

レポートサーバー

レポートサーバーのネイティブモードのインストールでは、Report Manager を使って共有データソースを作成できます。レポートサーバーでデータソースを管理する権限が必要です。

  1. Report Manager のHome ページから[New Data Source]をクリックします。[New Data Source]ページが表示されます。
  2. データソースに名前を入力し、[Data Source Type]メニューでCData GoogleCloudStorage Report を選択します。
  3. [接続文字列]ボックスでGoogle Cloud Storage に接続するための接続文字列を入力します。一般的な接続文字列は次のとおりです。 ProjectId='project1';

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: 「サービスアカウント」セクションで「サービスアカウントの管理」をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

SharePoint

SharePoint サイトで共有データソースを作成する方法は、次のとおりです。レポートサーバーcontent タイプをライブラリに追加していない場合は、追加しておく必要があります:

  1. SharePoint にログインし、.rsds ファイルを保存したいライブラリを開きます。
  2. [Library Tools]タブで[Settings]リボングループから[Library Settings]をクリックします。
  3. [General Settings]セクションで[Advanced Settings] をクリックします。
  4. [Content Types]セクションで[Yes]を選択し、cntent タイプの管理を許可します。[Content Types]セクションは[Library Settings]ページに追加されます。
  5. 既存のサイトcontent タイプから[Add]をクリックします。
  6. [Available Site Content Types]リストから[レポートデータソース]を選択し、[Add]をクリックします。

これで、共有データソースを作成できます。Google Cloud Storage への接続情報を含む.rsds ファイルを作成します。

  1. SharePoint にログインし、.rsds ファイルを保存したいライブラリを開きます。
  2. [Library Tools]タブで[Documents]>[Create Document]>[Report Data Source]をクリックします。
  3. データソースに名前を入力します。
  4. [Data Source Type]メニューでCData GoogleCloudStorage Report を選択します。
  5. [接続文字列]ボックスでGoogle Cloud Storage に接続するための接続文字列を入力します。一般的な接続文字列は次のとおりです。 ProjectId='project1';

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: 「サービスアカウント」セクションで「サービスアカウントの管理」をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。