JDBC Data Source for Google Cloud Storage との間にInformatica マッピングを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



標準のJDBC 接続プロセスを使用して、Informatica でGoogle Cloud Storage データオブジェクトを作成します。JAR をコピーし、接続してください。

Informatica は、データを転送・変換するための強力で立派な手段を提供します。CData JDBC Driver for Google Cloud Storage を利用することで、Informatica の強力なデータ転送および操作機能とシームレスに統合される、業界で実証済みの標準に基づくドライバーにアクセスできます。このチュートリアルでは、Informatica PowerCenter でGoogle Cloud Storage を転送および参照する方法を示します。

ドライバーをデプロイ

ドライバーをInformatica PowerCenter サーバーに展開するために、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるCData JAR および.lic ファイルを次のフォルダにコピーします。Informatica-installation-directory\services\shared\jars\thirdparty.

Developer ツールでGoogle Cloud Storage を使用するには、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるCData JAR および.lic ファイルを次のフォルダにコピーする必要があります。

  • Informatica-installation-directory\client\externaljdbcjars
  • Informatica-installation-directory\externaljdbcjars

JDBC 接続の作成

以下のステップに従って、Informatica Developer に接続します。

  1. [Connection Explorer]ペインで[domain]を右クリックし、[Create a Connection]をクリックします。
  2. 表示される[New Database Connection]ウィザードで、接続の名前とId を入力し、[Type]メニューで[JDBC]を選択します。
  3. [JDBC Driver Class Name]のプロパティで次のコードを入力します。 cdata.jdbc.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver
  4. [Connection String]プロパティでは、Google Cloud Storage の接続プロパティを使用してJDBC URLを入力します。

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、Google Cloud Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    以下は一般的な接続文字列です。

    jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH

Google Cloud Storage テーブルを参照

ドライバーJAR をクラスパスに追加してJDBC 接続を作成すると、Informatica のGoogle Cloud Storage エンティティにアクセスできるようになります。以下のステップに従ってGoogle Cloud Storage に接続し、Google Cloud Storage テーブルを参照します。

  1. リポジトリに接続します。
  2. [Connection Explorer]で、[connection]を右クリックし、[Connect]をクリックします。
  3. [Show Default Schema Only]オプションをクリアします。

以下より、[Data Viewer]でGoogle Cloud Storage テーブルを参照できるようになります。テーブルの[node]を右クリックし、[Open]をクリックします。[Data Viewer]で[Run]をクリックします。

Google Cloud Storage データオブジェクトの作成

以下のステップに従って、プロジェクトにGoogle Cloud Storage テーブルを追加します。

  1. Google Cloud Storage でテーブルを選択し、右クリックして[Add to Project]をクリックします。
  2. 表示されるダイアログでリソースごとにデータオブジェクトを作成するオプションを選択します。
  3. [Select Location]ダイアログで、プロジェクトを選択します。

    マッピングの作成

    以下のステップに従って、マッピングにGoogle Cloud Storage ソースを追加します。

    1. [Object Explorer]でプロジェクトを右クリックし、[New]->[Mapping]と進みます。
    2. Google Cloud Storage 接続のノードを展開し、テーブルのデータオブジェクトをエディターにドラッグします。.
    3. 表示されるダイアログで、[Read]オプションを選択します。

    以下のステップに従って、Google Cloud Storage カラムをフラットファイルにマッピングします。

    1. [Object Explorer]でプロジェクトを右クリックし、[New]->[Data Object]と進みます。
    2. [Flat File Data Object]->[Create as Empty]->[Fixed Width]と選択していきます。
    3. Google Cloud Storage オブジェクトのプロパティで必要な行を選択して右クリックし、[copy]をクリックします。行をフラットファイルのプロパティにペーストします。
    4. フラットファイルのデータオブジェクトをマッピングにドラッグします。
    5. 表示されるダイアログで、[Write]オプションを選択します。
    6. クリックしてドラッグすることで、列を接続します。

    Google Cloud Storage を転送するために、ワークスペースで右クリックし、[Run Mapping]をクリックします。