JRuby からGoogle Cloud Storage にデータ連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



リアルタイムGoogle Cloud Storage に連携するシンプルなJRuby アプリケーションを作成します。

JRuby はRuby プログラミング言語の高性能で安定した、完全にスレッド化されたJava 実装です。CData JDBC Driver for Google Cloud Storage を使用すると、JRuby からリアルタイムGoogle Cloud Storage へのデータ連携を簡単に実装できます。ここでは、Google Cloud Storage に接続し、クエリを実行して結果を表示する簡単なJRuby アプリを作成する方法を説明します。

Google Cloud Storage データにJDBC で接続

アプリを作成する前に、JDBC Driver のJAR ファイルのインストール場所をメモします。 (通常はC:\Program Files\CDatat\CData JDBC Driver for Google Cloud Storage\libにあります。)

JRuby は、JDBC をネイティブにサポートしているため、簡単にGoogle Cloud Storage に接続してSQL クエリを実行できます。java.sql.DriverManager クラスのgetConnection 関数を使用してJDBC 接続を初期化します。

ユーザーアカウントでの認証

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

サービスアカウントでの認証

サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
  • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
  • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
  • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
  • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
  • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
  • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
  • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

ビルトイン接続文字列デザイナー

JDBC URL の構成については、Google Cloud Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

java -jar cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar

接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

以下はGoogle Cloud Storage の一般的なJDBC 接続文字列です。

jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH

Google Cloud Storage データへの接続性を持つJRuby アプリを作成

新しいRuby ファイル(例: GoogleCloudStorageSelect.rb) を作成してテキストエディタで開き、次のコードをファイルにコピーします。

require 'java' require 'rubygems' require 'C:/Program Files/CData/CData JDBC Driver for Google Cloud Storage 2018/lib/cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar' url = "jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH" conn = java.sql.DriverManager.getConnection(url) stmt = conn.createStatement rs = stmt.executeQuery("SELECT Name, OwnerId FROM Buckets") while (rs.next) do puts rs.getString(1) + ' ' + rs.getString(2) end

ファイルが完成したら、コマンドラインからファイルを実行するだけでJRuby でGoogle Cloud Storage を表示できるようになります。

jruby -S GoogleCloudStorageSelect.rb

SQL-92 クエリをGoogle Cloud Storage に書き込むと、Google Cloud Storage を独自のJRuby アプリケーションに素早く簡単に組み込むことができます。今すぐ無料トライアルをダウンロードしましょう。