今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Apache Hive を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

JRuby からHive Data にデータ連携

リアルタイムHive data に連携するシンプルなJRuby アプリケーションを作成します。

JRuby はRuby プログラミング言語の高性能で安定した、完全にスレッド化されたJava 実装です。CData JDBC Driver for Hive を使用すると、JRuby からリアルタイムHive data へのデータ連携を簡単に実装できます。ここでは、Hive data に接続し、クエリを実行して結果を表示する簡単なJRuby アプリを作成する方法を説明します。

Hive Data にJDBC で接続

Before creating the app, note the installation location for the JAR file for the JDBC Driver (typically C:\Program Files\CDatat\CData JDBC Driver for Hive\lib).

JRuby natively supports JDBC, so you can easily connect to Hive and execute SQL queries.Initialize the JDBC connection with the getConnection function of the java.sql.DriverManager class.

Apache Hive への接続を確立するには以下を指定します。

  • Server:HiveServer2 をホストするサーバーのホスト名またはIP アドレスに設定。
  • Port:HiveServer2 インスタンスへの接続用のポートに設定。
  • TransportMode:Hive サーバーとの通信に使用するトランスポートモード。有効な入力値は、BINARY およびHTTP です。デフォルトではBINARY が選択されます。
  • AuthScheme:使用される認証スキーム。有効な入力値はPLAIN、LDAP、NOSASL、およびKERBEROS です。デフォルトではPLAIN が選択されます。
  • 本製品においてTLS/SSL を有効化するには、UseSSL をTrue に設定します

ビルトイン接続文字列デザイナー

For assistance in constructing the JDBC URL, use the connection string designer built into the Hive JDBC Driver.Either double-click the JAR file or execute the jar file from the command-line.

java -jar cdata.jdbc.apachehive.jar

Fill in the connection properties and copy the connection string to the clipboard.

Below is a typical JDBC connection string for Hive:

jdbc:apachehive:Server=127.0.0.1;Port=10000;TransportMode=BINARY;

Hive Data への接続性を持つJRuby アプリを作成

Create a new Ruby file (for example: ApacheHiveSelect.rb) and open it in a text editor.Copy the following code into your file:

require 'java' require 'rubygems' require 'C:/Program Files/CData/CData JDBC Driver for Hive 2018/lib/cdata.jdbc.apachehive.jar' url = "jdbc:apachehive:Server=127.0.0.1;Port=10000;TransportMode=BINARY;" conn = java.sql.DriverManager.getConnection(url) stmt = conn.createStatement rs = stmt.executeQuery("SELECT City, CompanyName FROM Customers") while (rs.next) do puts rs.getString(1) + ' ' + rs.getString(2) end

With the file completed, you are ready to display your Hive data with JRuby.To do so, simply run your file from the command line:

jruby -S ApacheHiveSelect.rb

Writing SQL-92 queries to Hive allows you to quickly and easily incorporate Hive data into your own JRuby applications.Download a free trial today!

 
 
ダウンロード