生産スケジューラFLEXSCHE へJira Service Desk からデータを取り込む

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Jira Service Desk ADO.NET Provider

Jira Service Desk データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

生産スケジューラFLEXSCHE へJira Service Desk からデータを取り込む方法



FLEXSCHE はあらゆる生産ルールに対応可能な柔軟性と拡張性を備えた生産スケジューラで、さまざまな業界・業種へ導入実績があります。

この記事では、FLEXSCHE と CData ADO.NET Provider を使って、FLEXSCHE へJira Service Desk からデータを取り込む方法を紹介します。

CData ADO.NET Provider

まずCData ADO.NET Provider を対象の環境にセットアップします。

  1. 30日の無償評価版のページからダウンロードし、FLEXSCHE と同じマシンでセットアップします。

データソース接続の設定

それでは、ここからFLEXSCHE 上でデータを取り込むための設定を行います。

  1. 「ファイル」メニューから「外部データソース」の「EDIF構成ツールを起動」を選択し、「EDIF構成ツール」を開きます。
  2. メニューの「マッピング」から「テーブルマッピングを追加」を選択し、「テーブルのマッピング設定」ダイアログを開きます。 対象とするFLEXSCHE テーブルを選択します。
  3. ここでマッピングの外部テーブルとしてJira Service Desk のデータを参照する設定を行います。「外部テーブル」で「<<新規>>」を選択すると「データソース設定」ダイアログが開きます。
  4. 「種類」を「.NET Frameworkデータ接続(ADO.NET)」にします。「プロバイダー」をインストールしたADO.NETドライバーにします。
  5. 続いて接続の詳細設定を行います。「接続文字列」の横にあるボタンを押下すると「接続文字列」ダイアログが開きます。 この画面で認証やプロキシ、ログ出力などの設定を行います。

    You can establish a connection to any Jira Service Desk Cloud account or Server instance.

    Connecting with a Cloud Account

    To connect to a Cloud account, you'll first need to retrieve an APIToken. To generate one, log in to your Atlassian account and navigate to API tokens > Create API token. The generated token will be displayed.

    Supply the following to connect to data:

    • User: Set this to the username of the authenticating user.
    • APIToken: Set this to the API token found previously.

    Connecting with a Service Account

    To authenticate with a service account, you will need to supply the following connection properties:

    • User: Set this to the username of the authenticating user.
    • Password: Set this to the password of the authenticating user.
    • URL: Set this to the URL associated with your JIRA Service Desk endpoint. For example, https://yoursitename.atlassian.net.

    Note: Password has been deprecated for connecting to a Cloud Account and is now used only to connect to a Server Instance.

    Accessing Custom Fields

    By default, the connector only surfaces system fields. To access the custom fields for Issues, set IncludeCustomFields.

  6. 「接続文字列」画面でプロパティを編集したら「テスト接続」を押下して接続を確認してください。 「接続に成功しました。」というメッセージが表示されれば接続設定は完了です。

データソースの対象テーブルの選択

次に接続先のテーブルを選択します。

  1. 「データソース設定」ダイアログの「テーブル名」の右のボタンを押下し「テーブルの検索」画面を開いてください。 検索対象が「Tables」になっていることを確認し「検索」ボタンを押下します。
    Jira Service Desk のテーブル一覧が表示されるので、対象のテーブルを選択します。
  2. 「データソース設定」ダイアログの「OK」を押下すると、外部テーブルへの接続情報が「テーブルのマッピング設定」画面の「外部テーブル」に反映されます。
  3. 「OK」を押下し「テーブルのマッピング設定」画面を閉じます。

フィールドマッピングの設定

続いてフィールドマッピングを行います。

  1. マッピングするテーブル情報の設定が完了すると、「EDIF構成ツール」ダイアログにフィールドマッピングを設定するタブが表示されます。
    FLEXSCHE のテーブルとJira Service Desk のテーブルのカラムをそれぞれ対応付けます。
  2. 設定が完了しましたらマッピングを保存し、「EDIF構成ツール」を閉じてください。

データのインポートと確認

それでは実際にFLEXSCHE にデータが取り込めるか確認してみましょう。

  1. 「ファイル」メニューの「外部データソース」にある「EDIFインポート」をクリックするとデータのインポートが実行されます。 FLEXSCHE のデータを確認し、Jira Service Desk にあるデータが表示されれば成功です。

このようにCData ODBC Driver for Jira Service Desk とFLEXSCHE を組み合わせることで、簡単にJira Service Desk データを活用した連携を実現できます。ぜひ、30日の無償評価版をお試しください。