JSON データをBoomi AtomSphere で連携利用する方法:CData JDBC Driver

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

JSON JDBC Driver

JSON Web サービス連携のパワフルなJava アプリケーションを素早く作成して配布。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

CData JDBC Driver for JSON を使って、データ統合サービス(iPaaS)のBoomi で JSON services をノーコードで連携。


JDBC

Boomi AtomSphere https://boomi.com/は、Boomi 社が提供する、 シングルインスタンス、マルチテナントアーキテクチャを特徴としているデータ統合サービス(iPaaS)です。データ統合機能だけでなく、マスターデータのハブ機能、EDI、APIManagement、WorkFlow といったビジネスユースに必要なデータ連携のすべてを実現する機能をシングルプラットフォームで提供しています。

この記事では、Boomi AtomSphere のオンプレミスAtom deployment 機能を使って、CData JDBC Driver 経由でJSON データにアクセスする方法を紹介します。CData Drivers を使うことで、RDB のようにBoomi 内でJSON データを扱うことができるようになります。

Boomi のon-Premise Atom depleyment の作成

on-Premise Atom deployment (右上の青部分)を利用する構成としました。この機能を利用することでOn-Premise 側に配置したCData JDBC Driver 経由でのSaaS 連携を実現します。

  • ブラウザからBoomi Atom のManage > Atom Management のタブを開きます。
  • +New > Atom を開きます。
  • Atom Setup ダイアログが開くので、ブラウザを開いているマシンのOS(本例ではWindows10Pro 64bit)のSetup ファイルをダウンロードします。
  • ダウンロードした「atom_install64.exe」を実行するとインストーラが起動します。
  • Setup Wizard を進めます。
  • ブラウザからBoomi Atom へのログインする時のUser・Password をセットして、Atom Name はデフォルトのまま、次に進みます。
  • on-Premise Atom deployment のインストールディレクトリ(デフォルト)を指定して次に進みます。
  • Setup Wizard を終了(Finish)します。
  • ブラウザからBoomi Atom のManage > Atom Management のタブを開いて、上記で作成したon-Premise Atom Deployment が起動していることを確認します。なお、Windows マシンの場合、サービスからも起動を確認できます。on-Premise Atom deployment の作成は以上です。

Boomi on-Premise Atom deployment モジュールへのJDBC ドライバの配置

次に別途ダウンロード・インストールしたCData JDBC Driver for JSON をBoomi on-premise Atom モジュールに配置していきます。

    JDBC Drivers ファイルをCData 製品のインストールフォルダからon-Premise Atom deployment インストールパス配下のパスにコピーします。
  • cdata.jdbc.json.jar
  • cdata.jdbc.json.lic (試用版では.lic ファイルは不要)
  • コピー元:C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for JSON 2019J\lib
  • コピー先:C:\Boomi AtomSphere\Atom - 10.211.55.9\lib

コピーしたらBoomi Atom をブラウザからリスタート(Restart Atom)してください。作成したon-Premise Atom deployment のInstalledLibraries にJDBCの.jar ファイルが表示されれば成功です。

JSON のConnectionの作成

Boomi Atom からJSON データソースに接続するためのConnection を作成します。

  • Welcom 画面の「Component > Connetion」を選択するとCreate Component ウィザードが開きます。
  • JSON への接続用のConnection 設定として以下の値をセットします。
    • Type: Connection
    • Component Name: ConnectionCDataJSON
    • Folder: 任意のパス
    • Connector: Database
  • そしてJDBC Driver の接続設定を行います。

    データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

    DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

    • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
    • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
    • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

    リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

    Amazon S3 内のJSON への接続

    URI をバケット内のJSON ドキュメントに設定します。さらに、次のプロパティを設定して認証します。

    • AWSAccessKey:AWS アクセスキー(username)に設定。
    • AWSSecretKey:AWS シークレットキーに設定。

    Box 内のJSON への接続

    URI をJSON ファイルへのパスに設定します。Box へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Box への接続 を参照してください。

    Dropbox 内のJSON への接続

    URI をJSON ファイルへのパスに設定します。Dropbox へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Dropbox への接続 を参照してください。ユーザーアカウントまたはサービスアカウントで認証できます。ユーザーアカウントフローでは、以下の接続文字列で示すように、ユーザー資格情報の接続プロパティを設定する必要はありません。 URI=dropbox://folder1/file.json; InitiateOAuth=GETANDREFRESH; OAuthClientId=oauthclientid1; OAuthClientSecret=oauthcliensecret1; CallbackUrl=http://localhost:12345;

    SharePoint Online SOAP 内のJSON への接続

    URI をJSON ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。認証するには、User、Password、およびStorageBaseURL を設定します。

    SharePoint Online REST 内のJSON への接続

    URI をJSON ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。StorageBaseURL は任意です。指定しない場合、ドライバーはルートドライブで動作します。 認証するには、OAuth 認証標準を使用します。

    FTP 内のJSON への接続

    URI をJSON ファイルへのパスが付いたサーバーのアドレスに設定します。認証するには、User およびPassword を設定します。

    Google Drive 内のJSON への接続

    デスクトップアプリケーションからのGoogle への認証には、InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定して、接続してください。詳細はドキュメントの「Google Drive への接続」を参照してください。

    • Driver Type: Custom
    • Class Name: cdata.jdbc.json.JSONDriver
    • User Name: 本来であれば不要ですが、空のままだと後の手順でバリデーションエラーが発生するので適当な値をセットします
    • Password: 本来であれば不要ですが、空のままだと後の手順でバリデーションエラーが発生するので適当な値をセットします
    • Connection URL: jdbc:json:URI=C:/people.json;DataModel=Relational;
  • Connection の値を設定したら接続テストを行います。右上のTest Connection ボタンをクリックします。実行するAtom を選択する画面が表示されるので、上記手順で作成したon-Premise Atom deployment を選択します。
  • テスト接続が成功することを確認してFinish ボタンでウィザードを閉じます。
  • 作成した JSON services への接続Connection を保存(Save)します。

Boomi Atom でのJSON services Profile の作成

次にProfile を設定していきます。ProfileとはSQL(SELECT/INSERT/UPDATE/DELETE)実行時のフィールド定義です。

  • JSON services のテーブルをSELECT するProfile を作成していきます。
    • Type: Profle
    • Component Name: ProfileCDataJSON
    • Folder: 任意のパス
    • Connector: Database
  • 二つのパラメータに、Display Name: デフォルト, Type: Select と値をセットしたら右上のImportボタンをクリックします。
  • Database Import Wizardが開くので、以下のパラメータをセットして次に進みます。
    • Browse in: 上記手順で作成したon-Premise Atom deployment
    • Connection: 上記手順で作成した接続Connection
  • JSON services 内のオブジェクトがテーブル一覧として表示されます。取得するテーブルにチェックをオンにして次に進みます。
  • テーブル内のカラム一覧が表示されます。使用する項目のチェックをオンにして次に進みます。
  • Import ウィザードが完了します。
  • DataElements のField アイコンをクリックすると選択テーブル内のカラムが定義されていることを確認できます。また、SQL Script には取得時のSQL(SELECT)が表示されています。作成したProfile を保存します。
  • これでJSON services がBoom Atom で利用できるProfile として登録されました。

Boomi AtomSphere でのJSON services の利用

あとは、設定されたProfile はRDB と同じようにBoomi Atom 内で利用することができます。カラムにマッピングを行うこともできます。

このようにCData JDBC Driver をアップロードすることで、簡単にBoomi AtomSphere でJSON services データをノーコードで連携し、使うことが可能です。

是非、CData JDBC Driver for JSON 30日の無償試用版 をダウンロードして、お試しください。