Jetty コネクションプールからOdoo データに連携。

CData JDBC Driver for Odoo は、コネクションプーリングをサポートします:本記事では、Jetty のWeb アプリからOdoo データに連携する手順を説明します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2015-06-18
odoo ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
Jetty ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

CData JDBC Driver for Odoo は、Java Web アプリケーションに簡単に統合して利用することができます。本記事では、Jetty でドライバーをコネクションプールとして設定することで、効率的にOdoo データをアプリケーションで連携利用する方法を説明します。Jetty でJNDI resource for Odoo を設定します。

DBC Driver for Odoo を JNDI Data Source として設定

次の手順で、Jetty とOdoo の接続を確立します。

  1. Jetty ベースでJNDI モジュールを有効化します。JNDI を有効化するコマンドラインは以下の通り:

    java -jar ../start.jar --add-to-startd=jndi
  2. JDBC Driver の.jar ファイルと.lic ファイル(インストールディレクトリのlib フォルダ下)をcontext path のlib フォルダに配置します。
  3. リソースおよびスコープを宣言します。リソース宣言で必要な接続プロパティを入力します。この例では、Odoo データソースをWeb アプリケーションのWEB-INF\jetty-env.xml レベルにdeclare しています。

    <Configure id='odoodemo' class="org.eclipse.jetty.webapp.WebAppContext"> <New id="odoodemo" class="org.eclipse.jetty.plus.jndi.Resource"> <Arg><Ref refid="odoodemo"/></Arg> <Arg>jdbc/odoodb</Arg> <Arg> <New class="cdata.jdbc.odoo.OdooDriver"> <Set name="url">jdbc:odoo:</Set> <Set name="User">MyUser</Set> <Set name="Password">MyPassword</Set> <Set name="URL">http://MyOdooSite/</Set> <Set name="Database">MyDatabase</Set> </New> </Arg> </New> </Configure>

    接続するには、Url を有効なOdoo サイトに設定し、User およびPassword を接続するユーザーの接続の詳細に設定し、Database をOdoo データベースに設定します。

  4. Web xml でリソースを設定します:

    jdbc/odoodb javax.sql.DataSource Container
  5. これで、java:comp/env/jdbc/odoodb へのルックアップでOdoo データにアクセスできます: InitialContext ctx = new InitialContext(); DataSource myodoo = (DataSource)ctx.lookup("java:comp/env/jdbc/odoodb");

Jetty にさらに統合

ここでは、シンプルなコネクションプーリングシナリオでのドライバーの接続について説明しました。追加での連携ケースについては、Jetty ドキュメントのWorking with Jetty JNDI  参照してください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。