Informatica Enterprise Data Catalog にPCA Accounting データを追加

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

PCA Accounting JDBC Driver

顧客、商品、伝票などのPCA クラウド会計DX データを組み込んだ強力なJava アプリケーションを迅速に作成して配布できます。



CData JDBC Driver for PCA Accounting をInformatica Enterprise Data Catalog とともに用いて、データを分類・整理します。

Informatica は、データを転送・変換するための強力で立派な手段を提供します。CData JDBC Driver for PCA Accounting を利用することで、Informatica のEnterprise Data Catalog とシームレスに統合される、業界で実証済みの標準に基づくドライバーにアクセスできます。このチュートリアルでは、どんな環境でもPCA Accounting データを分類・整理する方法を説明します。

JDBC ドライバーをロード

以下はJDBC ドライバーをロードする方法です。

  1. Informatica を実行しているホストにJDBC ドライバーをインストールします。この記事では、ドライバーがcdata.jdbc.pcaaccounting.PCAAccounting Driver にインストールされていることを前提としています。
  2. $ java -jar setup.jar
  3. JDBC インストールディレクトリに移動して、genericJDBC.zip と呼ばれ、ドライバーとそのライセンスファイルを含むzip ファイルを作成します。
  4. $ cd ~/cdata-jdbc-driver-for-pcaaccounting/lib $ zip genericJDBC.zip cdata.jdbc.pcaaccounting.jar cdata.jdbc.pcaaccounting.lic
  5. genericJDBC.zip ファイルをInformatica 内のCatalog Service ディレクトリに移動します。この記事では、ドライバーが/opt/informatica にインストールされていることを前提としています。
  6. このフォルダでの作業には、root 権限が必要になるおそれがあるため、続行する前にroot に必ずsu または sudo を実行してください。 # mv genericJDBC.zip /opt/informatica/services/CatalogService/ScannerBinaries
  7. カスタムデプロイメント構成を編集し、zip ファイルを解凍します。
  8. # cd /opt/informatica/services/CatalogService/ScannerBinaries/CustomDeployer/ # nano scannerDeployer.xml

    既存のExecutionContextProperty ノードを解凍したら、このコンテンツを含む新しいExecutionContextProperty ノードを追加します。

    <ExecutionContextProperty isLocationProperty="true" dependencyToUnpack="genericJDBC.zip"> <PropertyName>JDBCScanner_DriverLocation</PropertyName> <PropertyValue>scanner_miti/genericJDBC/Drivers</PropertyValue> </ExecutionContextProperty>
  9. アドミニストレーションコンソールから、Catalog Service を更新します。

JDBC リソースの構成

以下の手順でJDBC リソースを構成します。

  1. Catalog のアドミニストレーターを開き、次のプロパティを持つ新しいJDBC リソースを追加します。
    • Driver Class: cdata.jdbc.pcaaccounting.PCAAccountingDriver
    • URL: jdbc.pcaaccounting:OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=MyOAuthClientSecret;CallbackURL=http://localhost:33333;ProductCode=MyProductCode;ApiVersion=V1;DataCenter=DataCenterName;DefaultDataArea=MyDefaultDataArea;InputModuleName=DefaultInputModuleName;InitiateOAuth=GETANDREFRESH;
    • PCA クラウド会計DX では、OAuth 2 認証標準を使います。

      ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。接続に最小限必要な接続プロパティは、次のとおりです。

      • InitiateOAuth:GETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使って、OAuth 交換や、手動での接続文字列のアクセストークン設定の繰り返しを避けられます。
      • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントId に設定。
      • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
      • CallbackURL:アプリケーション設定のリダイレクトURL に設定。
      • ApiVersion:接続するPCA API Server バージョンを設定。
      • DefaultDataArea:接続するデータ領域を設定。
      • DataCenter:接続するサーバーのDataCenter 名を設定。
      • ProductCode:PCA 製品コード名を設定。
      • InputModuleName:PCA InputSlip のInputModuleName を設定。

      接続すると、本製品はデフォルトブラウザでPCA Accounting OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品がOAuth プロセスを完了します。

      ヘッドレスマシンの認証など、他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、PCA Accounting JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。.jar ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインから.jar ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.pcaaccounting.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      JDBC URL を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

    以下は、一般的な追加の接続文字列プロパティです。

    JDBC;MSTR_JDBC_JAR_FOLDER=PATH\TO\JAR\;DRIVER=cdata.jdbc.pcaaccounting.PCAAccountingDriver;URL={jdbc:pcaaccounting:OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=MyOAuthClientSecret;CallbackURL=http://localhost:33333;ProductCode=MyProductCode;ApiVersion=V1;DataCenter=DataCenterName;DefaultDataArea=MyDefaultDataArea;InputModuleName=DefaultInputModuleName;};
  2. ユーザー名: user
  3. パスワード: password
  4. 使用しているドライバーに要求されなくても、ユーザー名とパスワードのプロパティは必須であることに注意してください。そのようなケースでは、代わりにプレスホルダー値を入力できます。

  5. 少なくとも一つのソースメタデータスキャンを実行するようにメタデータオプションを構成します。このスキャンではドライバーを使用し、サービスを通じて使用できるテーブル、ビュー、ストアドプロシージャを判別します。
    • Source Metadata: このオプションを有効にする。
    • Catalog: これをマルチカタログデータソースの適切なカタログに設定します。もしくは、CData に設定します。
    • Schema: これをマルチスキーマデータソースの適切なスキーマに設定します。もしくは、これをサービスの名前に設定します。(以下ではCouchbase)
    • Case-sensitivity: 通常このオプションは無効にします。大文字と小文字が区別されるデータソースに対してのみ有効にしてください。
    • Import stored procedures: テーブルとビューに加え、ストアドプロシージャディフィニションをインポートする場合は、これを有効にします。

    他のメタデータスキャナーは、必要に応じて有効にすることができます。

  6. ドライバーの構成を完了し、オプションでカスタム属性とスキャナースケジュールを構成します。
  7. Monitoring]タブに移動し[Run]をクリックしてメタデータスキャンを実行します。データソースによっては、これに数分かかる場合があります。

スキャンが完了すると、すべてのメタデータオブジェクトの概要が[Metadata Load job]のステータスとともに表示されます。エラーが発生した場合、[Log Location]リンクを開き、インフォマティカまたはドライバーから報告されたエラーを確認できます。

検出されたメタデータを検証

Catalog Service]を開き、データソースから検出されたメタデータを表示します。メタデータスキャナーの構成時に選択したオプションによっては、定義したリソースのテーブル、ビュー、ストアドプロシージャの任意の組み合わせが表示される場合があります。