Jetty コネクションプールからPCA Accounting データに連携。

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

PCA Accounting JDBC Driver

顧客、商品、伝票などのPCA クラウド会計DX データを組み込んだ強力なJava アプリケーションを迅速に作成して配布できます。



CData JDBC Driver for PCA Accounting は、コネクションプーリングをサポートします:本記事では、Jetty のWeb アプリからPCA Accounting データに連携する手順を説明します。

CData JDBC driver for PCA Accounting は、Java Web アプリケーションに簡単に統合して利用することができます。本記事では、Jetty でドライバーをコネクションプールとして設定することで、効率的にPCA Accounting データをアプリケーションで連携利用する方法を説明します。Jetty でJNDI resource for PCA Accounting を設定します。

DBC Driver for PCA Accounting を JNDI Data Source として設定

次の手順で、Jetty とPCA Accounting の接続を確立します。

  1. Jetty ベースでJNDI モジュールを有効化します。JNDI を有効化するコマンドラインは以下の通り:

    java -jar ../start.jar --add-to-startd=jndi
  2. JDBC Driver の.jar ファイルと.lic ファイル(インストールディレクトリのlib フォルダ下)をcontext path のlib フォルダに配置します。
  3. リソースおよびスコープを宣言します。リソース宣言で必要な接続プロパティを入力します。この例では、PCA Accounting データソースをWeb アプリケーションのWEB-INF\jetty-env.xml レベルにdeclare しています。

    <Configure id='pcaaccountingdemo' class="org.eclipse.jetty.webapp.WebAppContext"> <New id="pcaaccountingdemo" class="org.eclipse.jetty.plus.jndi.Resource"> <Arg><Ref refid="pcaaccountingdemo"/></Arg> <Arg>jdbc/pcaaccountingdb</Arg> <Arg> <New class="cdata.jdbc.pcaaccounting.PCAAccountingDriver"> <Set name="url">jdbc:pcaaccounting:</Set> <Set name="OAuthClientId">MyOAuthClientId</Set> <Set name="OAuthClientSecret">MyOAuthClientSecret</Set> <Set name="CallbackURL">http://localhost:33333</Set> <Set name="ProductCode">MyProductCode</Set> <Set name="ApiVersion">V1</Set> <Set name="DataCenter">DataCenterName</Set> <Set name="DefaultDataArea">MyDefaultDataArea</Set> <Set name="InputModuleName">DefaultInputModuleName</Set> </New> </Arg> </New> </Configure>

    PCA クラウド会計DX では、OAuth 2 認証標準を使います。

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。接続に最小限必要な接続プロパティは、次のとおりです。

    • InitiateOAuth:GETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使って、OAuth 交換や、手動での接続文字列のアクセストークン設定の繰り返しを避けられます。
    • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントId に設定。
    • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
    • CallbackURL:アプリケーション設定のリダイレクトURL に設定。
    • ApiVersion:接続するPCA API Server バージョンを設定。
    • DefaultDataArea:接続するデータ領域を設定。
    • DataCenter:接続するサーバーのDataCenter 名を設定。
    • ProductCode:PCA 製品コード名を設定。
    • InputModuleName:PCA InputSlip のInputModuleName を設定。

    接続すると、本製品はデフォルトブラウザでPCA Accounting OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品がOAuth プロセスを完了します。

    ヘッドレスマシンの認証など、他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

  4. Web xml でリソースを設定します:

    jdbc/pcaaccountingdb javax.sql.DataSource Container
  5. これで、java:comp/env/jdbc/pcaaccountingdb へのルックアップでPCA Accounting データにアクセスできます: InitialContext ctx = new InitialContext(); DataSource mypcaaccounting = (DataSource)ctx.lookup("java:comp/env/jdbc/pcaaccountingdb");

Jetty にさらに統合

ここでは、シンプルなコネクションプーリングシナリオでのドライバーの接続について説明しました。追加での連携ケースについては、Jetty ドキュメントのWorking with Jetty JNDI  参照してください。