SAP SuccessFactors データをDevExpress Data Grid にデータバインドする。

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

SAP SuccessFactors ADO.NET Provider

SAP SuccessFactors に連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



SAP SuccessFactors 用の CData ADO.NET プロバイダーをDevExpress Windows Forms とWeb コントロールとともに使用し、SAP SuccessFactors をチャートに入力します。

SAP SuccessFactors 用の CData ADO.NET プロバイダーはサードパーティーコントロールで使うことのできる通常のADO.NET データベースアクセスコンポーネントを実装しています。データバインドするための通常のADO.NET プロセスに従うことで、UI コントロールから実データへの双方向アクセスを可能にします。 この記事では、CData を使ってDevExpress Windows Forms とウェブコントロールにデータバインドする方法を説明します。ここでは、最新のデータを表示するチャートにデータバインドします。

Basic 認証またはOAuth with SAML アサーションを使用して、SAP SuccessFactors に認証できます。

Basic 認証

SAP SuccessFactors に正常に認証するには、次のプロパティの値を指定する必要があります。プロバイダーは、Cookie を使用してSAP SuccessFactors によって開かれたセッションを再利用することに注意してください。つまり、セッションを開く最初のリクエストでのみクレデンシャルが使用されます。その後、SAP SuccessFactors から返されたCookie が認証に使用されます。

  • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
  • User: アカウントのユーザー名に設定。
  • Password: アカウントのパスワードに設定。
  • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。

OAuth 認証

アクセストークンを取得するために使用される、次のプロパティの値を指定する必要があります。

  • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
  • User: アカウントのユーザー名に設定。
  • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。
  • OAuthClientId: API Center で生成されたAPI Key に設定。
  • OAuthClientSecret: SAML アサーションの署名に使用されるX.509 プライベートキー。プライベートキーは、「Registering your OAuth Client Application」でダウンロードした証明書に記載されています。
  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。

Windows Forms コントロール

下のコードでは、SAP SuccessFactors でDevExpress のチャートに追加する方法を説明します。SAPSuccessFactorsDataAdapter はチャートコントロールのSeries プロパティにバインドします。コントロールのDiagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。

using (SAPSuccessFactorsConnection connection = new SAPSuccessFactorsConnection( "User=username;Password=password;CompanyId=CompanyId;Url=https://api4.successfactors.com;")) { SAPSuccessFactorsDataAdapter dataAdapter = new SAPSuccessFactorsDataAdapter( "SELECT address1, zipCode FROM ExtAddressInfo WHERE city = 'Springfield'", connection); DataTable table = new DataTable(); dataAdapter.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new DevExpress.XtraCharts.Series(); chartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "zipCode" }); series.ArgumentScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "address1"; series.ValueScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Numerical; chartControl1.Legend.Visibility = DevExpress.Utils.DefaultBoolean.False; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

Web コントロール

下のコードではSAP SuccessFactors でDevExpress Web を操作するための設定方法を説明します。SAPSuccessFactorsDataAdapter はチャートのSeries プロパティにバインドします。Diagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。 using DevExpress.XtraCharts; using (SAPSuccessFactorsConnection connection = new SAPSuccessFactorsConnection( "User=username;Password=password;CompanyId=CompanyId;Url=https://api4.successfactors.com;")) { SAPSuccessFactorsDataAdapter SAPSuccessFactorsDataAdapter1 = new SAPSuccessFactorsDataAdapter("SELECT address1, zipCode FROM ExtAddressInfo WHERE city = 'Springfield'", connection); DataTable table = new DataTable(); SAPSuccessFactorsDataAdapter1.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new Series("Series1", ViewType.Bar); WebChartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "zipCode" }); series.ArgumentScaleType = ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "address1"; series.ValueScaleType = ScaleType.Numerical; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }