今すぐお試しください!

製品の詳細CData ADO.NET Provider for SAP SuccessFactors を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

PowerBuilder からSAP SuccessFactors データに接続してみた

この記事ではCData ADO.NET Provider for SAP SuccessFactors を使ってPowerBuilder からSAP SuccessFactors にアクセスする方法を説明します。

CData ADO.NET providers は、PowerBuilder を含むMicrosoft .NET をサポートするあらゆるプラットフォームまたは開発テクノロジーから使用できる、使いやすい標準準拠のデータプロバイダーです。 この記事では、CData ADO.NET Provider for SAP SuccessFactors をPowerBuilder で使う方法について説明します。

CData ADO.NET Provider for SAP SuccessFactors を使ってデータを取得し読み書きを実行する基本的なPowerBuilder アプリケーションを作成する方法について説明します。

  1. 新規WPF Window Application ソリューションで、接続プロパティに必要なすべてのビジュアルコントロールを追加します。一般的な接続文字列は次のとおりです:

    User=username;Password=password;CompanyId=CompanyId;Url=https://api4.successfactors.com;

    Basic 認証またはOAuth with SAML アサーションを使用して、SAP SuccessFactors に認証できます。

    Basic 認証

    SAP SuccessFactors に正常に認証するには、次のプロパティの値を指定する必要があります。プロバイダーは、Cookie を使用してSAP SuccessFactors によって開かれたセッションを再利用することに注意してください。つまり、セッションを開く最初のリクエストでのみクレデンシャルが使用されます。その後、SAP SuccessFactors から返されたCookie が認証に使用されます。

    • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
    • User: アカウントのユーザー名に設定。
    • Password: アカウントのパスワードに設定。
    • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。

    OAuth 認証

    アクセストークンを取得するために使用される、次のプロパティの値を指定する必要があります。

    • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
    • User: アカウントのユーザー名に設定。
    • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。
    • OAuthClientId: API Center で生成されたAPI Key に設定。
    • OAuthClientSecret: SAML アサーションの署名に使用されるX.509 プライベートキー。プライベートキーは、[Registering your OAuth Client Application]でダウンロードした証明書に記載されています。
    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。

  2. .NET コントロールからDataGrid コントロールを追加します。
  3. DataGrid コントロールのカラムを設定します。Account テーブルからいくつかのカラムを以下に示します: <DataGrid AutoGenerateColumns="False" Margin="13,249,12,14" Name="datagrid1" TabIndex="70" ItemsSource="{Binding}"> <DataGrid.Columns> <DataGridTextColumn x:Name="idColumn" Binding="{Binding Path=Id}" Header="Id" Width="SizeToHeader" /> <DataGridTextColumn x:Name="nameColumn" Binding="{Binding Path=address1}" Header="address1" Width="SizeToHeader" /> ... </DataGrid.Columns> </DataGrid>
  4. CData ADO.NET Provider for SAP SuccessFactors アセンブリへの参照を追加します。

DataGrid 接続

ビジュアルエレメントが設定されたら、Connection、Command、およびDataAdapter のような標準のADO.NET オブジェクトを使ってSQL クエリの結果をDataTable に表示することができます:

System.Data.CData.SAPSuccessFactors.SAPSuccessFactorsConnection conn conn = create System.Data.CData.SAPSuccessFactors.SAPSuccessFactorsConnection(connectionString) System.Data.CData.SAPSuccessFactors.SAPSuccessFactorsCommand comm comm = create System.Data.CData.SAPSuccessFactors.SAPSuccessFactorsCommand(command, conn) System.Data.DataTable table table = create System.Data.DataTable System.Data.CData.SAPSuccessFactors.SAPSuccessFactorsDataAdapter dataAdapter dataAdapter = create System.Data.CData.SAPSuccessFactors.SAPSuccessFactorsDataAdapter(comm) dataAdapter.Fill(table) datagrid1.ItemsSource=table.DefaultView

上のコードは、指定したクエリからDataGrid にデータをバインドできます。

 
 
ダウンロード