MongoDB へのSQL Analysis Services データの自動反復レプリケーション

MongoDB にCData Sync を使って、SQL Analysis Services データを自動、反復、フレキシブルにレプリケーション。

常時起動のアプリケーションは、自動フェイルオーバー機能およびリアルタイムなデータアクセスを必要とします。 CData Sync は、MongoDB に直近のSQL Analysis Services data を反復同期します。CData Sync で、アーカイブ、レポーティング、アナリティクス、機械学習、AI などで使えるよう、企業内の多様なデータを一か所に統合して管理することが可能になります。

MongoDB をレプリケーションの同期先に設定

CData Sync を使って、MongoDB にSQL Analysis Services data をレプリケーションします。レプリケーションの同期先を追加するには、[接続]タブを開きます。

  1. [同期先]タブをクリックします。
  2. MongoDB を同期先として選択します。
  3. 必要な接続プロパティを入力します。MongoDB との接続には、以下のプロパティが必要です:
    • Server: MongoDB インスタンスのname もしくはaddress に設定します。port はPort で設定します。
    • Database: 書き込みをするデータベース名。

    CosmosDB にMongoDB API で接続する

    MongoDB API 利用のCosmos DB に接続する接続文字列を取得するには、Azure Portal にログインし、Azure Cosmos DB を選択して、アカウントを選びます。[Setting]セクションから[Connection String]をクリックして、次の値を取得します。

    • Server: Host 値、アカウントのサーバープロビジョンのFQDN 値に設定します。port はPort で設定します。
    • Port: port に設定します。
    • Database: データを書き込むデータベース。
    • User: データベースのuser。
    • Password: ユーザーのpassward。

  4. [接続のテスト]をクリックして、正しく接続できているかをテストします。
  5. [変更を保存]をクリックします。

SQL Analysis Services 接続の設定

データソース側にSQL Analysis Services を設定します。[接続]タブをクリックします。

  1. [接続の追加]セクションで[データソース]タブを選択します。
  2. SQL Analysis Services アイコンをデータソースとして選択します。プリインストールされたソースにSQL Analysis Services がない場合には、追加データソースとしてダウンロードします。
  3. 接続プロパティに入力をします。

    To connect, provide authentication and set the Url property to a valid SQL Server Analysis Services endpoint. You can connect to SQL Server Analysis Services instances hosted over HTTP with XMLA access. See the Microsoft documentation to configure HTTP access to SQL Server Analysis Services.

    To secure connections and authenticate, set the corresponding connection properties, below. The data provider supports the major authentication schemes, including HTTP and Windows, as well as SSL/TLS.

    • HTTP Authentication

      Set AuthScheme to "Basic" or "Digest" and set User and Password. Specify other authentication values in CustomHeaders.

    • Windows (NTLM)

      Set the Windows User and Password and set AuthScheme to "NTLM".

    • Kerberos and Kerberos Delegation

      To authenticate with Kerberos, set AuthScheme to NEGOTIATE. To use Kerberos delegation, set AuthScheme to KERBEROSDELEGATION. If needed, provide the User, Password, and KerberosSPN. By default, the data provider attempts to communicate with the SPN at the specified Url.

    • SSL/TLS:

      By default, the data provider attempts to negotiate SSL/TLS by checking the server's certificate against the system's trusted certificate store. To specify another certificate, see the SSLServerCert property for the available formats.

    You can then access any cube as a relational table: When you connect the data provider retrieves SSAS metadata and dynamically updates the table schemas. Instead of retrieving metadata every connection, you can set the CacheLocation property to automatically cache to a simple file-based store.

    See the Getting Started section of the CData documentation, under Retrieving Analysis Services Data, to execute SQL-92 queries to the cubes.

  4. [接続のテスト]をクリックして、正しく接続できているかをテストします。
  5. [変更を保存]をクリックします。

レプリケーションを実行するクエリの設定

Data Sync はレプリケーションをコントロールするSQL クエリを簡単なGUI 操作で設定できます。 レプリケーションジョブ設定には、[ジョブ]タブに進み、[ジョブを追加]ボタンをクリックします。 次にデータソースおよび同期先をそれぞれドロップダウンから選択します。

テーブル全体をレプリケーションする

テーブル全体をレプリケーションするには、[テーブル]セクションで[テーブルを追加]をクリックします。表示されたテーブルリストからレプリケーションするテーブルをチェックします。

テーブルをカスタマイズしてレプリケーションする

レプリケーションはテーブル全体ではなく、カスタマイズが可能です。[変更]機能を使えば、レプリケーションするカラムの指定、同期先でのカラム名を変更しての保存、ソースデータの各種加工が可能です。レプリケーションのカスタマイズには、ジョブの[変更]ボタンをクリックしてカスタマイズウィンドウを開いて操作を行います。

レプリケーションのスケジュール起動設定

[スケジュール]セクションでは、レプリケーションジョブの自動起動スケジュール設定が可能です。反復同期間隔は、15分おきから毎月1回までの間で設定が可能です。

レプリケーションジョブを設定したら、[変更を保存]ボタンを押して保存します。SQL Analysis Services data のMongoDB へのレプリケーションジョブは一つではなく複数を作成することが可能です。

 
 
ダウンロード