TaxJar データをDevExpress Data Grid にデータバインドする。

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

TaxJar ADO.NET Provider

TaxJar データに連携する.NET アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

TaxJar 用の CData ADO.NET プロバイダーをDevExpress Windows Forms とWeb コントロールとともに使用し、TaxJar をチャートに入力します。



TaxJar 用の CData ADO.NET プロバイダーはサードパーティーコントロールで使うことのできる通常のADO.NET データベースアクセスコンポーネントを実装しています。データバインドするための通常のADO.NET プロセスに従うことで、UI コントロールから実データへの双方向アクセスを可能にします。 この記事では、CData を使ってDevExpress Windows Forms とウェブコントロールにデータバインドする方法を説明します。ここでは、最新のデータを表示するチャートにデータバインドします。

TaxJar API への認証には、まず初めにTaxJar UI からAPI キーを取得する必要があります。

NOTE:API の利用は、Professional およびPremium TaxJar プランでのみ可能です。

すでにProfessional またはPremium プランをお持ちの方は、TaxJar UI にログインして、「アカウント」->「TaxJar API」に移動するとAPI キーを確認することができます。 API キーを取得したら、APIKey 接続プロパティに設定できます。

その他の注意事項

  • デフォルトでは、エンティティが日付範囲フィルタをサポートしている場合、CData コネクタは過去3か月のデータを取得します。StartDate を設定して、取得するデータの最小作成日を指定することができます。
  • API キーがサンドボックスAPI アカウント用に作成されている場合は、UseSandbox をtrue に設定してください。ただし、すべてのエンドポイントが期待どおりに機能するとは限りません。詳しくは、TaxJar 開発者用ドキュメントを参照してください。

Windows Forms コントロール

下のコードでは、TaxJar でDevExpress のチャートに追加する方法を説明します。TaxJarDataAdapter はチャートコントロールのSeries プロパティにバインドします。コントロールのDiagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。

using (TaxJarConnection connection = new TaxJarConnection( "APIKey=3bb04218ef8t80efdf1739abf7257144;")) { TaxJarDataAdapter dataAdapter = new TaxJarDataAdapter( "SELECT TransactionID, UserID FROM Orders WHERE TransactionID = '123'", connection); DataTable table = new DataTable(); dataAdapter.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new DevExpress.XtraCharts.Series(); chartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "UserID" }); series.ArgumentScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "TransactionID"; series.ValueScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Numerical; chartControl1.Legend.Visibility = DevExpress.Utils.DefaultBoolean.False; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

Web コントロール

下のコードではTaxJar でDevExpress Web を操作するための設定方法を説明します。TaxJarDataAdapter はチャートのSeries プロパティにバインドします。Diagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。 using DevExpress.XtraCharts; using (TaxJarConnection connection = new TaxJarConnection( "APIKey=3bb04218ef8t80efdf1739abf7257144;")) { TaxJarDataAdapter TaxJarDataAdapter1 = new TaxJarDataAdapter("SELECT TransactionID, UserID FROM Orders WHERE TransactionID = '123'", connection); DataTable table = new DataTable(); TaxJarDataAdapter1.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new Series("Series1", ViewType.Bar); WebChartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "UserID" }); series.ArgumentScaleType = ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "TransactionID"; series.ValueScaleType = ScaleType.Numerical; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }