JRuby からXML にデータ連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

XML JDBC Driver

XML データストア連携のパワフルなJava アプリケーションを素早く作成して配布。



リアルタイムXML に連携するシンプルなJRuby アプリケーションを作成します。

JRuby はRuby プログラミング言語の高性能で安定した、完全にスレッド化されたJava 実装です。CData JDBC Driver for XML を使用すると、JRuby からリアルタイムXML へのデータ連携を簡単に実装できます。ここでは、XML に接続し、クエリを実行して結果を表示する簡単なJRuby アプリを作成する方法を説明します。

XML データにJDBC で接続

アプリを作成する前に、JDBC Driver のJAR ファイルのインストール場所をメモします。 (通常はC:\Program Files\CDatat\CData JDBC Driver for XML\libにあります。)

JRuby は、JDBC をネイティブにサポートしているため、簡単にXML に接続してSQL クエリを実行できます。java.sql.DriverManager クラスのgetConnection 関数を使用してJDBC 接続を初期化します。

See the Getting Started chapter in the data provider documentation to authenticate to your data source: The data provider models XML APIs as bidirectional database tables and XML files as read-only views (local files, files stored on popular cloud services, and FTP servers). The major authentication schemes are supported, including HTTP Basic, Digest, NTLM, OAuth, and FTP. See the Getting Started chapter in the data provider documentation for authentication guides.

After setting the URI and providing any authentication values, set DataModel to more closely match the data representation to the structure of your data.

The DataModel property is the controlling property over how your data is represented into tables and toggles the following basic configurations.

  • Document (default): Model a top-level, document view of your XML data. The data provider returns nested elements as aggregates of data.
  • FlattenedDocuments: Implicitly join nested documents and their parents into a single table.
  • Relational: Return individual, related tables from hierarchical data. The tables contain a primary key and a foreign key that links to the parent document.

See the Modeling XML Data chapter for more information on configuring the relational representation. You will also find the sample data used in the following examples. The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

ビルトイン接続文字列デザイナー

JDBC URL の構成については、XML JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

java -jar cdata.jdbc.xml.jar

接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

以下はXML の一般的なJDBC 接続文字列です。

jdbc:xml:URI=C:\people.xml;DataModel=Relational;

XML データへの接続性を持つJRuby アプリを作成

新しいRuby ファイル(例: XMLSelect.rb) を作成してテキストエディタで開き、次のコードをファイルにコピーします。

require 'java' require 'rubygems' require 'C:/Program Files/CData/CData JDBC Driver for XML 2018/lib/cdata.jdbc.xml.jar' url = "jdbc:xml:URI=C:\people.xml;DataModel=Relational;" conn = java.sql.DriverManager.getConnection(url) stmt = conn.createStatement rs = stmt.executeQuery("SELECT [ personal.name.first ], [ personal.name.last ] FROM people") while (rs.next) do puts rs.getString(1) + ' ' + rs.getString(2) end

ファイルが完成したら、コマンドラインからファイルを実行するだけでJRuby でXML を表示できるようになります。

jruby -S XMLSelect.rb

SQL-92 クエリをXML に書き込むと、XML を独自のJRuby アプリケーションに素早く簡単に組み込むことができます。今すぐ無料トライアルをダウンロードしましょう。