SAP Lumira でGoogle Cloud Storage のOData Feeds を取り込み

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData API Server



API Server を使用してSAP Lumira での変更を反映するGoogle Cloud Storage フィードのデータビジュアライゼーションを作成します。

CData API サーバーおよびADO.NET Provider for Google Cloud Storage (または230+ の他のADO.NET Providers) を使って、SAP Lumira でGoogle Cloud Storage に基づくビジュアライゼーションを作成できます。API サーバーにより、ライブデータへの接続が可能になります。ダッシュボードとレポートはオンデマンドで更新できます。この記事では、常に最新であるグラフを作成する方法を説明します。

API サーバーをセットアップ

以下のステップに従って、安全なGoogle Cloud Storage OData サービスの作成を開始します。

デプロイ

API サーバーは独自のサーバーで実行されます。Windows では、スタンドアロンサーバーまたはIIS を使用して展開できます。Java サーブレットコンテナで、API Server WAR ファイルをドロップします。詳細とハウツーについては、ヘルプドキュメントを参照してください。

API Server は、Microsoft AzureAmazon EC2Heroku にも簡単にデプロイできます。

Google Cloud Storage に接続

API サーバーとADO.NET Provider for Google Cloud Storage を展開した後、[Settings]->[Connection]をクリックし、API サーバーコンソールで新しい接続を追加してGoogle Cloud Storage に接続するために必要な認証値とその他の接続プロパティを指定します。

ユーザーアカウントでの認証

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

サービスアカウントでの認証

サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
  • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
  • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
  • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
  • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
  • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
  • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
  • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

接続を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

次に、[Settings]->[Resources]をクリックして、API サーバーへのアクセスを許可するGoogle Cloud Storage エンティティを選択できます。

API サーバーユーザーを承認

作成するOData サービスを決定したら、[Settings]->[Users]をクリックしてユーザーを承認します。API サーバーは、認証トークンベースの認証を使用して主要な認証スキームをサポートします。IP アドレスに基づいてアクセスを制限することもできます。デフォルトでは、ローカルマシンへの接続のみが制限されています。SSL を使用して、接続を認証及び暗号化することができます。

SAP Lumira からGoogle Cloud Storage への接続

以下のステップに従って、Google Cloud Storage をSAP Lumira に取得します。SQL クエリを実行するか、UI を使用できます。

  1. SAP Lumira で[File]->[New]->[Query with SQL]とクリックします。Add New Dataset ダイアログが表示されます。
  2. [Generic]セクションを展開し、[Generic OData 2.0 Connector]オプションをクリックします。
  3. [Service Root URI]ボックスに、API サーバーのOData エンドポイントを入力します。URL は次の例のようになります。 https://your-server:8032/api.rsc
  4. [User Name]と[Password]のボックスにAPI ユーザーのユーザー名と認証トークンを入力します。これらの資格情報は、HTTP 基本認証で使用されます。
  5. ツリーでエンティティを選択するか、SQL クエリを入力します。この記事では、Google Cloud Storage Buckets エンティティをインポートします。

  6. [Connect]をクリックすると、SAP Lumira は対応するOData 要求を生成し、結果をメモリにロードします。その後、フィルタ、集計、要約関数など、SAP Lumira で使用可能な任意のデータ処理ツールを使用できます。

データのビジュアライゼーションを作成

データをインポートした後、[Visualize]ルームでデータのビジュアライゼーションを作成できます。以下のステップに従って、基本グラフを作成します。

  1. [Measures and Dimensions]ペインで、メジャーとディメンションを[Visualization Tools]ペインの[x-axis]フィールドと[y-axis]フィールドにドラッグします。SAP Lumira は、API サーバーのメタデータサービスからディメンションとメジャーを自動的に検出します。

    デフォルトでは、SUM 関数はすべてのメジャーに適用されます。メジャーの横にある歯車のアイコンをクリックしてデフォルトの要約を変更します。

  2. [Visualization Tools]ペインで、グラフの種類を選択します。
  3. [Chart Canvas]ペインで、フィルタを適用し、メジャーで並べ替え、ランキングを追加して現在のGoogle Cloud Storage でグラフを更新します。