SAS for Real-Time Reporting and Analytics でCData ODBC Driver for Bugzilla を使用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Bugzilla ODBC Driver

Bugzilla ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからBugzilla プロジェクト管理データに連携。

Bugzilla にデータベースのようにアクセス - ODBC インターフェースでBugs、Branches、Users など多様なデータにSQL でクエリ。



CData ODBC Driver for Bugzilla を使用してSAS からリアルタイムBugzilla に接続します。

SAS は、高度なアナリティクス、多変量解析、BI、データ管理、予測分析のためのソフトウェアです。SAS とCData ODBC Driver for Bugzilla を合わせて使うことで、SAS からライブBugzilla データへデータベースライクにアクセスできるようになり、レポーティング、分析能力を向上できます。本記事では、SAS でBugzilla のライブラリを作成し、リアルタイムBugzilla に基づいたシンプルなレポートを作成します。

CData ODBC ドライバーは、ドライバーに組み込まれた最適化されたデータ処理により、SAS でライブBugzilla データを送受信する場合に圧倒的なパフォーマンスを提供します。SAS からBugzilla に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作をBugzilla に直接プッシュし、組み込みSQL エンジンを利用して、サポートされていない操作(一般的にはSQL 関数とJOIN 操作)をクライアント側で処理します。組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、SAS でBugzilla を簡単にビジュアライズおよび分析できます。

ODBC Data Source としてBugzilla に接続

以下は、Bugzilla に接続するための情報と、Windows およびLinux 環境でDSN を構成するための様々なステップです。ODBC Driver for Bugzilla は、SAS System をホストしているマシンにインストールする必要があります。

Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

  • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
  • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。

DSN を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって返される行数を制限するため、ビジュアライゼーション・レポートのデザイン時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

Windows

未指定の場合は、初めにODBC DSN(data source name)で接続プロパティを指定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および構成できます。

Linux

Linux 環境にCData ODBC Driver for Bugzilla をインストールする場合、ドライバーのインストールによりシステムDSN が事前定義されます。システムデータソースファイル(/etc/odbc.ini) を編集し、必要な接続プロパティを定義することで、DSN を変更できます。

/etc/odbc.ini

[CData Bugzilla Sys] Driver = CData ODBC Driver for Bugzilla Description = My Description Url = http://yourdomain/Bugzilla APIKey = abc123

これらの構成ファイルの使用に関する具体的な情報については、ヘルプドキュメントを参照してください。

SAS でBugzilla ライブラリを作成

CData ODBC Driver for Bugzilla に基づくライブラリを追加することで、SAS でBugzilla に接続します。

  1. SAS を開き、[Explorer]ペインで[Libraries]を展開します。
  2. [Active Libraries]ウィンドウで右クリックし、[New]を選択します。
  3. ライブラリに名前を付け(odbclib)、Engine としてODBC を選択し、ライブラリをセッション間で保持する場合は[Enable at startup]をクリックします。
  4. Data Source を以前構成したDSN に設定し、[OK]をクリックします。

Bugzilla クエリからビューを作成

SAS は、ローコードのポイントアンドクリッククエリツールを使用するか、PROC SQL とカスタムSQL クエリのプログラムを使うことで、データのクエリをネイティブにサポートします。SAS でビューを作成すると、ビューがクエリされるたびに定義クエリが実行されます。これは、レポート、チャート、分析について常にライブBugzilla データにクエリを実行することを意味します。

クエリツールの使用

  1. SAS で[Tools]->[Query]と進みます。
  2. データをプルするテーブルソースとテーブルを選択し、[OK]をクリックします。
  3. カラムを選択し、右クリックしてフィルタリング、順序付け、グループ化などを追加します。
  4. [SQL Query Tool]ウィンドウを右クリックして[Show Query]を選択し、[Create View]をクリックして、クエリの結果を含むローカルビューを作成します。ビューに名前を付け、[OK] をクリックします。

PROC SQL の使用

  1. SAS で、[Editor]ウィンドウに移動します。
  2. PROC SQL を使用してデータをクエリし、ローカルビューを作成します。
    Note:このステップにより、[Work]ライブラリにビューが作成されます。オプションとして、create view ステートメントでライブラリを指定できます。
    proc sql;
      create view bugs_view as
      select 
        id, 
        summary 
      from 
        odbclib.bugs 
      where 
        Creator = 'user@domain.com';
    quit;
    
  3. [Run]->[Submit]とクリックしてクエリを実行し、ローカルビューを作成します。

SAS のBugzilla データに関するレポートまたはビジュアライズ

ローカルビューを作成すると、パワフルなSAS 機能を使用してBugzilla データをレポート、ビジュアライズ、またはその他の方法で分析できます。PROC PRINT を使用して簡単なレポートを印刷し、PROC GCHART を使用してデータに基づいた基本的なグラフを作成しましょう。

HTML を印刷

  1. SAS で、[Editor]ウィンドウに移動します。
  2. PROC PRINT を使用してBugzilla Bugs データのHTML レポートを印刷します。
    proc print data=bugs;
      title "Bugzilla Bugs Data";
    run;
    

チャートを印刷

  1. SAS で、[Editor]ウィンドウに移動します。
  2. PROC GCHART を使用してBugs データのチャートを作成します。
    proc gchart data=bugs;
      pie id / sumvar=summary
          value=arrow
          percent=arrow
          noheading
          percent=inside plabel=(height=12pt)
          slice=inside value=none
          name='BugsChart';
    run;