タグ: コラム

記事画像
2024年02月22日

REST API の開発手順を解説―計画からデプロイまでのベストプラクティス

by Dibyendu Datta, 翻訳:古川えりか

常に変化するソフトウェア開発の領域において、堅牢でスケーラブルなAPI を作成することは、アプリケーションとサービス間のシームレスな通信を実現する上で最も重要です。この記事では、API 構築プロセスのあらゆる側面を知り、複雑さを解き明かし、効率的で効果的なREST API を開発するための必要な知識とスキルを身につけることを目指します。

続きを読む

記事画像
2024年02月20日

データパイプラインとは?変遷から考えるその役割と、モダンなデータパイプラインツールに欠かせない6つの機能

by 加藤龍彦

データは21世紀の石油と言われますが、貯めておくだけではガラクタの山になってしまいます。ガラクタの山であるデータを、ビジネスに資するインサイトを取得可能なものにするために必要なプロセスが、データパイプラインです。いわば、データパイプラインは、データという石油の精製所です。本記事では、データパイプラインの解説からその変遷の歴史、そしてモダンなデータパイプラインに求められる機能をご紹介します。

続きを読む

記事画像
2024年02月09日

JDBC Driver とは?5つのタイプと使われ方の解説

by Jerod Johnson, 翻訳:兵藤朋代

Java アプリケーションにおいて、JDBC Driver はデータベースへのアクセスで基本となるものです。この記事では、Java アプリケーションとデータベース間のシームレスなアクセスを支えるJDBC Driver について解説をします。複数のデータソースに対する抽象化・標準化されたデータアクセスを担保することで、Java テクノロジーの利用に対し大きな貢献をしてきたものがJDBC です。

続きを読む

記事画像
2024年02月02日

『業務部門からのデータのリクエストが多すぎ問題』を考える:データ連携調査から

by Danielle Bingham, 翻訳:兵藤朋代

CData では、550人のデータオペレーション(Ops)およびIT の意思決定者を対象に、所属企業のデータ接続・データ連携の実態を調査しました。本記事では、調査結果のまとめとIT チームの現状およびその打開案について解説します。

続きを読む

記事画像
2024年02月01日

2024年、データアプリケーションに求められるデータ連携の4つのトレンド

by Alex Pauncz, 翻訳:古川えりか

2024年のデータ業界では、データ連携の課題や生成AIの普及、クラウド移行の必要性、そして連携機能強化の重要性に焦点が当たるでしょう。APIの保守運用が課題となる中、生成AIの導入が増える一方で、強力なデータ管理戦略が必要とされています。さらに、クラウド移行やデータ連携の多様性に対応するための柔軟な方法が求められております。価格設定や連携機能の強化も重要視されており、これらのトレンドに適応するための戦略が企業にとって重要になっています

続きを読む

記事画像
2024年01月31日

CData は JAWS DAYS 2024 に Diamond サポーターとして参加します!

by 赤塚誠二

JAWS DAYS 2024 は、AWS のユーザーコミュニティ JAWS-UG(AWS User Group – Japan)が主催する日本最大級の交流イベントで、今年は4年ぶりのリアル開催となります。 当日は CData メンバーもスポンサーブースやセッションで参加いたします。ぜひ一緒に楽しみましょう!

続きを読む

記事画像
2024年01月22日

Smartsheet ユーザー会参加レポート!

by 赤塚誠二

Smartsheet ユーザー会は、Smartsheet の活用体験を共有する場で、今回は初めて Smartsheet さん本社での開催ということもありとても熱量を感じるイベントでした。 他のユーザーさんはどんな使い方をしているの?こんな時どうしてる?など気軽に情報交換ができる場ですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

続きを読む

記事画像
2024年01月21日

BuriKaigi2024 に行ってきました!

by Jonathan Hikita

1月20日に開催された、北陸ITエンジニアカンファレンス「BuriKaigi2024」に参加してきました!

続きを読む

記事画像
2024年01月09日

CData Arc を使って Smartsheet 上のデータを Salesforce に自動で登録する

by 赤塚誠二

データ連携で生じる認証やプロトコルなどの技術的なハードルを CData Arc を使って取り払い、Smartsheet 上の顧客リストを Salesforce のリードとして自動的に登録する仕組みを作成してみたいと思います。

続きを読む