Crystal Reports でBugzilla データに連携して帳票を作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Bugzilla JDBC Driver

Bugzilla のBugs、Branches、User などのデータに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



レポートウィザードを使って、最新のBugzilla 連携データを使った帳票を作成。



Crystal Reports には、JDBC 標準向けのサポートが組み込まれています。この記事では、Bugzilla の機能を持つ帳票を作成するレポート作成ウィザードの使い方を説明します。

Bugzilla JDBC Driver のインストール

CData JDBC Driver for Bugzilla を、ドライバーのJAR をCrystal Reports のクラスパスに含めてインストール:DataDriverCommonElement の下のClassPath element のパスに、 .jar を含むファイルのフルパスを追加します。

CRConfig.xml は通常C:\Program Files (x86)\SAP BusinessObjects\SAP BusinessObjects Enterprise XI 4.0\java に配置されます。— パスはインストールによって若干異なる場合があります。ドライバーのJAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。

ClassPath にJAR を追加したら、Crystal Reports を再起動します。

Bugzilla データに接続

下記の手順に従って、レポート作成ウィザードを使ってBugzilla 接続を作成します。

  1. 新しい空の帳票で、[Create New Connection]>[JDBC (JNDI)]をクリックします。
  2. ウィザードでJDBC 接続URL を選択します。

    jdbc:bugzilla:Url=http://yourdomain/Bugzilla;APIKey=abc123;
  3. ドライバーのクラス名を設定:

    cdata.jdbc.bugzilla.BugzillaDriver

    Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

    • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
    • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。

帳票をデザイン

JDBC 接続をBugzilla に追加したら、レポート作成ウィザードを使ってBugzilla を帳票に追加できます。

  1. 帳票に必要なテーブルやフィールドを選択して、データソースを設定します。この例では、Bugs テーブルのId およびSummary カラムを使います。

  2. チャートの種類を設定 ウィザードを完了すると、Crystal Reports はBugzilla data に実行されるSQL クエリをビルドします。ドライバーは、ライブBugzilla data に対してクエリを実行します。

  3. 必要に応じて、ほかのフィルタや帳票テンプレートを設定します。
  4. データのインポートが終わったら、データをサマライズもしくはソートするチャートやレポートオブジェクトを作成できます。[Insert]>[Chart]をクリックして、チャートエキスパートを開きます。Total Summary by Id を表すグラフを作成するには、Id を[On Change Of]メニューセレクションの下のボックスに追加してからSummary を[Show Values]の下のボックスに追加します。

完成した帳票をプレビューして、チャートにデータが入っていることを確認します。Null 値を取り除きたい場合は、SelectionFormula を使います。