MySQL Workbench でBugzilla データをクエリ

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Bugzilla ODBC Driver

Bugzilla ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからBugzilla プロジェクト管理データに連携。

Bugzilla にデータベースのようにアクセス - ODBC インターフェースでBugs、Branches、Users など多様なデータにSQL でクエリ。



MySQL Workbench からライブBugzilla データにMySQL クエリを実行します。

ODBC Driver for Bugzilla からSQL Gateway を使用し、MySQL インターフェースを介してBugzilla にクエリを実行できます。以下のステップに従って、SQL Gateway のMySQL リモーティングサービスを開始し、MySQL Workbench でライブBugzilla を操作します。

Bugzilla データへの接続

未指定の場合は、データソース名(DSN)で必要な接続プロパティの値を指定します。DSN を構成するために、ビルトインのMicrosoft ODBC Data Source Administrator を使用できます。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターでDSN を作成及び設定する方法については、ヘルプドキュメントの[はじめに]チャプターを参照してください。

Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

  • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
  • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。

SQL Gateway を構成する

Bugzilla への接続を仮想MySQL データベースとして設定するには、SQL Gateway Overview を参照してください。クライアントからのMySQL 要求を受けるMySQL リモートサービスを構成します。このサービスは、SQL Gateway UI で構成できます。

MySQL Workbench からBugzilla をクエリ

以下のステップでは、MySQL Workbench からSQL Gateway で作成された仮想Bugzilla データベースに接続し、ライブBugzilla データを操作するための基本的なクエリを発行する方法を説明します。

SQL Gateway を介してBugzilla に接続

  1. MySQL Workbench で、[add a new MySQL connection]をクリックします。
  2. 接続(CData SQL Gateway for Bugzilla)に名前を付けます。
  3. HostnamePortUsername のパラメータを設定し、SQL Gateway に接続します。
  4. Store in Vault をクリックしてパスワードを設定し、保存します。
  5. Test Connection をクリックして接続が正しく構成されていることを確認し、OK をクリックします。

Bugzilla データをクエリ

  1. 作成した接続(CData SQL Gateway for Bugzilla)を開きます。
  2. [File]->[New Query Tab]と進みます。
  3. SELECT * FROM `CData Bugzilla Sys`.Bugs; のようなBugzilla データを取得するSQL クエリを記述します。

MySQL Workbench からライブBugzilla データにアクセスすることで、MySQL データベースと同じようにBugzilla をクエリおよび更新できます。CData ODBC Driver for Bugzilla とCData SQL Gateway の30日間無料トライアルはこちらです。