BIRT Reports をBusiness b-ridge データ でデザイン

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Business b-ridge JDBC Driver

多様なBusiness b-ridge アカウントデータを組み込んだ強力なJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



現在のBusiness b-ridge を組み込み型アナリティクスに提供します。

CData JDBC Driver for Business b-ridge は、Business b-ridge APIs への接続をデータドリブンJava アプリケーションに統合します。CData JDBC Driver for Business b-ridge をBIRT (Business Intelligence Reporting Tools) のプラットホームで使用することで、リアルタイムでデータの変更を反映するBIRT レポートを作成できます。

  1. Eclipse 用のBIRT Framework プラグインとDatabase Development プラグインをインストールします。
  2. [File]->[New]->[Report]と進みます。[Report Design perspective]が表示されます。
  3. [Data Explorer]で[Data Sources]を右クリックし、[New Data Source]をクリックします。
  4. [Following List]オプションから[Create from Data Source Type]を選択し、[JDBC Data Source]を選択します。
  5. [Manage Drivers]をクリックし、インストールフォルダのlib サブフォルダにあるドライバーのJAR を追加します。
  6. [Database URL]ボックスに、接続文字列を含む[JDBC URL]を入力します。

    When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

    To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

    • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
    • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

    Authenticate to Business b-ridge Account

    Set the following connection properties to connect:

    • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
    • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
    • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、Business b-ridge JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.businessbridge.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    JDBC URL を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

    以下は一般的なJDBC URL です。

    jdbc:businessbridge:InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  7. [Data Sets]フォルダを右クリックし、[JDBC data source for Business b-ridge]を選択します。
  8. 表示されるダイアログで、レポートのデータを取得するために使用するSELECT クエリを構築します。この記事では、以下のクエリを用います。 SELECT ItemId, StructureId FROM CDATA WHERE ItemTypeId = '1'
  9. [Palette]で、[Chart]をエディタにドラッグします。[Chart]ウィザードが表示されます。
  10. チャートタイプを選択した後、[Select Data]タブのチャートフィールドにカラムをドラッグします。
  11. [Run]->[View Report]->[In Web Viewer]とクリックして、レポートを表示します。

これによって、BIRT レポートがBusiness b-ridge の更新をすべて取得できるようになります。

レポートをアプリケーションサーバーに公開するには、ドライバーのJAR をBIRT Viewer のクラスパスに追加します。より詳しい説明は、Java アプリケーションサーバーにJDBC Driver をデプロイする方法について、CData KB を参照してください。