Power Automate を使用してUSPS データを自動化されたタスクに統合

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

API Server



CData Connect Cloud を使用してUSPS データの仮想SQL Server データベースを作成し、ライブUSPS データをPower Automate (Microsoft Flow) タスクに統合します。

Power Automate(Microsoft Flow)は、一般的なアプリとサービスのイベント(ワークフロー)を自動化するオンラインサービスです。CData Connect Cloud と組み合わせると、ビジュアライゼーションやダッシュボードなどのためにUSPS データにクラウド間でアクセスできます。この記事では、Power Automate からConnect Cloud に接続し、ライブUSPS データをワークフローとタスクに統合する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、純粋なSQL のクラウド間インターフェースをUSPS に提供し、データを複製することなくPower Automate からライブUSPS データに簡単に統合できるようにします。Power Automate はCData Connect Cloud をSQL Server データベースのように認識し、最適化されたデータ処理を使用してサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をUSPS に直接プッシュし、サーバーサイドの処理を利用して、USPS データを素早く返します。

USPS データの仮想SQL データベースを作成する

CData Connect Cloud は、簡単なポイントアンドクリックインターフェースを使用してデータソースに接続し、API を生成します。

  1. Connect Cloud にログインし、[Databases]をクリックします。
  2. [Available Data Sources]から[USPS]を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、USPS に接続します。

    USPS に認証するには、次の接続プロパティを設定してください。

    • PostageProvider:リクエストの処理に使用するポステージプロバイダです。利用可能なオプションはENDICIA とSTAMPS です。指定されていない場合、 デフォルトはENDICIA です。
    • UseSandbox:ライブまたはテストリクエストを、運用サーバーに送るかサンドボックスサーバーに送るかを制御します。 true に設定した場合、Password、AccountNumber、StampsUserId プロパティは無視されます。
    • StampsUserId:この値はStamps サーバーに認証してログインするために使用されます。この値は Endicia には使用されず、UseSandbox がtrue の場合はオプションです。
    • Password:この値はEndicia とStamps サーバーへのログインに使用されます。ポステージプロバイダがEndicia の場合、この値はポステージアカウントに紐づけられたパスフレーズになります。 UseSandbox がtrue の場合にはオプションです。
    • AccountNumber:郵送者のアカウント番号です。UseSandbox がtrue の場合にはオプションです。
    • PrintLabelLocation:このプロパティは、GenerateLabels またはGenerateReturnLabels ストアドプロシージャを使用する場合には必須です。 生成されたラベルが格納されているフォルダの場所を指定してください。

    キャッシュデータベース

    USPS から利用可能な有用なタスクには多くのデータを要求します。データの入力を簡単にして後日思い出せるようにするには、 キャッシュデータベースを使用してリクエストを行ってください。キャッシュの使用にはキャッシュ用の接続プロパティを設定してください。

    • CacheLocation:デフォルトのキャッシュプロバイダーで接続が設定される、キャッシュの場所へのパスです。例えば、C:/users/username/documents/uspscache

    CacheLocation の代わりに、CacheConnectionCacheProvider を設定して デフォルト以外のプロバイダーを使用してキャッシュ接続を設定することもできます。

  4. Test Database ]をクリックします。
  5. [Privileges]->[ Add]とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー)を追加します。

CData Connect Cloud に接続する

Connect Cloud を使用してUSPS データをPower Automate タスクに統合するには、新しいSQL Server 接続が必要です。

  1. Power Automate にログインします。
  2. [Data]->[Connections]->[New connection]とクリックします。
  3. SQL Server を選択します。
  4. 接続ウィザードにて

    • Authentication Type を"SQL Server Authentication" に設定します。
    • SQL server name をConnect Cloud インスタンスのアドレスに設定します。(myinstance.cdatacloud.net
    • SQL database name を以前作成したUSPS の名前(uspsdb など)に設定します。
    • UsernamePassword を設定し、[Create]をクリックします。

USPS データをPower Automate Tasks に統合する

Connect Cloud への接続が構成されたら、ライブUSPS データをPower Automate タスクに統合する事ができるようになります。

  1. Power Automate にログインします。
  2. [My flows]->[New]とクリックし、空白またはテンプレートからフローを作成することを選択します。
  3. SQL Server アクション(Get rows など)を追加または構成し、Connect Cloud 接続に接続するようにアクションを構成します。
  4. 使用するテーブルをドロップダウンメニューから選択し、詳細オプション(フィルタ、オーダーなど)を構成します。
  5. フォローしてテストするアクションを構成し、フォローを保存します。

クラウドアプリケーションからUSPS データへのSQL アクセス

Power Automate タスクからライブUSPS データへの直接接続ができるようになりました。これで、USPS データを複製することなくより多くの接続とワークフローを作成してビジネスを加速できます。

クラウドアプリケーションから直接240+ SaaS 、Big Data 、NoSQL ソースへのSQL データアクセスを取得するには、CData Connect Cloud を参照してください。