製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはコチラ

CData Connect

ノーコードアプリ開発プラットフォーム bubble でBugzilla にアクセス

CData Connect Server を使ってBugzilla データのOData API エンドポイントを作成して、bubble からBugzilla データを使ったアプリを作成する方法。

杉本和也
リードエンジニア

最終更新日:2021-11-15

こんにちは!リードエンジニアの杉本です。

bubble はプログラミングを行わずにWebアプリケーションを開発できるクラウドサービスです。この記事では、CData Connect Server を経由して bubble からBugzilla に連携する方法を説明します。

CData Connect Server は、Bugzilla データのクラウド to クラウドの仮想OData インターフェースを提供し、bubble からリアルタイムにBugzilla データへ連携することができます。
bubble からBugzilla にデータ連携。

Bugzilla の仮想OData API エンドポイントを作成

まずCData Connect Server でデータソースへの接続およびOData API エンドポイント作成を行います。

  1. CData Connect Server にログインして、Databases をクリックします。 データベースを追加
  2. 利用できるデータソースアイコンから"Bugzilla" を選択します。
  3. Bugzilla に接続するために必要なプロパティを入力します。

    Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

    • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
    • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。
    接続を設定
  4. Test Database をクリックします。
  5. Permission -> Add をクリックして、新しいユーザーを追加し、適切な権限を指定します。
  6. API タブをクリックして OData API エンドポイントが生成されていることを確認します。

bubble API Connector の構成

それでは bubble側でCData Connect Server に連携するための API Connector を構成します。

  1. まず、bubble の Pluginsタブに移動して「Add Pluings」をクリックします。
  2. 一覧の中から「API Connector」を検索し、インストールしてください。
  3. インストール後、連携設定の画面が出てくるので、任意の名称を入力し、Header情報に「x-cdata-authtoken」と予め取得したCData Connect Server のTokenを設定します。
  4. 続いて、Bugzillaのエンドポイントを呼び出す定義を追加します。「GET」リクエストで、CData Connect Server で定義したAPIエンドポイントのURLを入力してください。
  5. 最後に「Initialize call」を行い、データ項目の型情報を調整します。
  6. 特に変更がなければデフォルトのままでOKです。以上で bubble から CData Connect Server への連携設定は完了です。

UIを構成する

それではbubble でBugzilla のデータを呼び出してみましょう。今回はExcel Likeなテーブルを表示できるUIコンポーネントでデータを呼び出してみます。

  1. Add Pluingsで「Excel-like HandsonTable」を追加します。
  2. あとは、このUIコンポーネントを配置して、CData Connect Server のPluginをバインドするだけでOKです。
  3. テーブルにバインドする配列要素はvalue 要素を指定してみてください。
  4. プレビュー画面に移動することで、Bugzilla からデータを取得した一覧画面が確認できます。

このように、CData Connect Serverを経由することで、API 側の複雑な仕様を意識せずにAPI 連携をしたウェブアプリをbubble で開発できます。他にも多くのデータソースに対応するCData Connect Server の詳細をこちらからご覧ください。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。