製品をチェック

Bugzilla Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Bugzilla アイコン Bugzilla JDBC Driver 相談したい

Bugzilla のBugs、Branches、User などのデータに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

Oracle Data Integrator でBugzilla のデータをETL する方法

この記事では、Oracle Data Integrator を使ってBugzilla のデータをデータウェアハウスに転送する方法を説明します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-01-31
bugzilla ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
Oracle Data Integrator ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Oracle Data Integrator(ODI)はOracle エコシステムのハイパフォーマンスなデータ統合プラットフォームです。CData JDBC Driver for Bugzilla を使えば、OCI をはじめとするETL ツールからBugzilla データにJDBC 経由で簡単に接続を実現できます。リアルタイムBugzilla データをデータウェアハウス、BI・帳票ツール、CRM、基幹システムなどに統合すれば、データ活用もぐっと楽に。

CData のコネクタを使えば、Bugzilla API にリアルタイムで直接接続して、ODI 上で通常のデータベースと同じようにBugzilla データを操作できます。Bugzilla エンティティのデータモデルを構築、マッピングを作成し、データの読み込み方法を選択するだけの簡単なステップでBugzilla データのETL が実現できます。

ドライバーのインストール

ドライバーをインストールするには、インストールフォルダにあるドライバーのJAR ファイルと.lic ファイルをODI の適切なディレクトリにコピーします。

  • UNIX/Linux(Agent なし):~/.odi/oracledi/userlib
  • UNIX/Linux(Agent):$ODI_HOME/odi/agent/lib
  • Windows(Agent なし):%APPDATA%\Roaming\odi\oracledi\userlib
  • Windows(Agent):%APPDATA%\Roaming\odi\agent\lib

ODI を再起動してインストールを完了します。

モデルのリバースエンジニアリング

ODI の機能を使ってモデルをリバースエンジニアリングすることで、ドライバー側で取得したBugzilla データのリレーショナルビューに関するメタデータが取得できます。リバースエンジニアリング後、リアルタイムBugzilla データにクエリを実行してBugzilla テーブルのマッピングを作成できます。

  1. ODI でリポジトリに接続し、「New」->「Model and Topology Objects」をクリックします。 新しいモデルを作成
  2. 表示されるダイアログの「Model」画面で、以下の情報を入力します。
    • Name:Bugzilla と入力します。
    • Technology:Technology:Generic SQL(ODI がVersion 12.2+ の場合はMicrosoft SQL Server)を選択します。
    • Logical Schema:Bugzilla と入力します。
    • Context:Global を選択します。
    モデルを設定
  3. 表示されるダイアログの「Data Server」画面で、以下の情報を入力します。
    • Name:Bugzilla と入力します。
    • Driver List:Oracle JDBC Driver を選択します。
    • Driver:cdata.jdbc.bugzilla.BugzillaDriver と入力します。
    • URL:接続文字列を含むJDBC URL を入力します。

      Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

      • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
      • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。

      組み込みの接続文字列デザイナー

      JDBC URL の作成の補助として、Bugzilla JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーが使用できます。JAR ファイルをダブルクリックするか、コマンドラインからjar ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.bugzilla.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      組み込みの接続文字列デザイナーを使ってJDBC URL を生成(Salesforce の場合)

      一般的な接続文字列は次のとおりです。

      jdbc:bugzilla:Url=http://yourdomain/Bugzilla;APIKey=abc123;
    Data Server を設定
  4. Physical Schema 画面で、以下の情報を入力します。
    • Name:ドロップダウンメニューから選択します。
    • Database (Catalog):CData と入力します。
    • Owner (Schema):Bugzilla にSchema を選択した場合は、選択したSchema を入力し、それ以外の場合はBugzilla と入力します。
    • Database (Work Catalog):CData と入力します。
    • Owner (Work Schema):Bugzilla にSchema を選択した場合は、選択したSchema を入力し、それ以外の場合はBugzilla と入力します。
    Physical Schema を設定
  5. 開いたモデルで「Reverse Engineer」をクリックしてBugzilla テーブルのメタデータを取得します。 モデルをリバースエンジニアリング

Bugzilla データの編集と保存

リバースエンジニアリング後、ODI でBugzilla データを操作できるようになります。 Bugzilla データを表示するには、Designer ナビゲーターでモデルアコーディオンを展開し、テーブルを右クリックして「View data」をクリックします。 データを表示

ETL プロジェクトの作成

次の手順に従って、Bugzilla からETL を作成します。Bugs エンティティをODI Getting Started VM に含まれているサンプルデータウェアハウスにロードします。

  1. SQL Developer を開き、Oracle データベースに接続します。Connections ぺインでデータベースのノードを右クリックし、「New SQL Worksheet」をクリックします。

    もしくは、SQLPlus を使用することもできます。コマンドプロンプトから、以下のように入力します。

    sqlplus / as sysdba
  2. 以下のクエリを入力し、ODI_DEMO スキーマにあるサンプルデータウェアハウスに新しいターゲットテーブルを作成します。以下のクエリは、Bugzilla のBugs テーブルに一致するいくつかのカラムを定義します。 CREATE TABLE ODI_DEMO.TRG_BUGS (SUMMARY NUMBER(20,0),Id VARCHAR2(255));
  3. ODI でDesigner ナビゲーターのModels アコーディオンを展開し、ODI_DEMO フォルダの「Sales Administration」ノードをダブルクリックします。Model Editor でモデルが開きます。
  4. 「Reverse Engineer」をクリックします。TRG_BUGS テーブルがモデルに追加されます。
  5. プロジェクトの「Mappings」ノードを右クリックし、「New Mapping」をクリックします。マッピングの名前を入力し、「Create Empty Dataset」オプションを無効にします。Mapping Editor が表示されます。
  6. TRG_BUGS テーブルをSales Administration モデルからマッピングにドラッグします。
  7. Bugs テーブルをBugzilla モデルからマッピングにドラッグします。
  8. ソースコネクタポイントをクリックしてターゲットコネクタポイントにドラッグします。Attribute Matching ダイアログが表示されます。ここでは、デフォルトオプションを使用します。その場合、目的の動作はターゲットカラムのプロパティに表示されます。
  9. Mapping Editor のPhysical タブを開き、TARGET_GROUP の「BUGS_AP」をクリックします。
  10. BUGS_AP プロパティで、Loading Knowledge Module タブの「LKM SQL to SQL (Built-In)」を選択します。 Bugzilla へのSQL ベースのアクセスには、標準データベース間のナレッジモジュールを使用できます

これで、マッピングを実行してBugzilla データをOracle にロードできます。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。