Delphi のBugzilla データへのデータバインドコントロール

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Bugzilla ODBC Driver

Bugzilla ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからBugzilla プロジェクト管理データに連携。

Bugzilla にデータベースのようにアクセス - ODBC インターフェースでBugs、Branches、Users など多様なデータにSQL でクエリ。



標準のデータアクセスコンポーネントとコントロールを備えたDelphi のBugzilla にデータバインドします。

CData ODBC Driver for Bugzilla は、ODBC 標準をサポートし、ライブBugzilla データとビジュアルフォームデザイナおよびDelphi の他のラピッド開発ツールとの統合を可能にします。ODBC ドライバーは、データベース開発用のシングルAPI を提供することにより、Delphi のような単一のコードベースを共有するアプリケーションのデータアクセス戦略を簡素化します。この記事では、Bugzilla に接続してシンプルなVisual Component Library (VCL) アプリケーションおよびDelphi コードからデータをクエリする方法を説明します。

Bugzilla データへの新しいFireDAC 接続を作成します。

未指定の場合は、初めにODBC DSN (data source name) で接続プロパティを指定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および構成できます。

Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

  • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
  • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。

以下のステップに従ってData Explorer を使用し、Bugzilla へのFireDAC 接続を作成できます。

  1. 新しいVCL Forms アプリケーションの[Data Explorer]で[FireDAC]ノードを展開します。
  2. [Data Explorer]で[ODBC Data Source]ノードを右クリックします。
  3. [Add New Connection]をクリックします。
  4. 接続の名前を入力します。
  5. 表示される[FireDAC Connection Editor]で、[DataSource]プロパティをODBC DSN for Bugzilla の名前に設定します。

Bugzilla データに接続できるVCL アプリケーションの作成

以下のステップに従って、クエリの結果をグリッドに表示するシンプルなVCL アプリケーションからBugzilla のクエリの実行を開始します。

  1. TFDConnection コンポーネントフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • ConnectionDefName:Bugzilla へのFireDAC 接続を選択します。
    • Connected:メニューから[True]を選択し、表示されるダイアログで資格情報を入力します。
  2. TFDQuery コンポーネントをフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • Connection:コンポーネントがまだ指定されていない場合は、このプロパティを[TFDConnection]コンポーネントに設定します。
    • SQL:[SQL]プロパティ内のボタンをクリックし、クエリを入力します。例:

      SELECT Id, Summary FROM Bugs WHERE Creator = 'user@domain.com'
    • Active:このプロパティをtrue に設定します。
  3. TDataSource コンポーネントをフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • DataSet:このプロパティのメニューで、TFDQuery コンポーネントの名前を選択します。
  4. TDBGrid コントロールをフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • DataSource:TDataSource の名前を選択します。
  5. 実行時エラーを回避するために、TFDGUIxWaitCursor をフォームにドロップします。

FireDAC コンポーネントを使用してBugzilla へのコマンドを実行

TFDConnection およびTFQuery コンポーネントを使用してBugzilla へのクエリを実行できます。このセクションでは、TFQuery コンポーネントを使用してクエリを実行するBugzilla 固有の例を示します。

Bugzilla データに接続

データソースに接続するには、TFDConnection コンポーネントの[Connected]プロパティをtrue に設定します。コードでも同じプロパティを設定できます。

FDConnection1.ConnectionDefName := 'mybugzilla'; FDConnection1.Connected := true;

パラメータクエリの作成

パラメータ化されたリソースはパフォーマンスを向上させることができます。ステートメントの準備は、システムリソースと時間の面でコストがかかります。ステートメントの準備中、接続がアクティブで開いている必要があるためです。FireDACはデフォルトで、同じクエリが何度もリコンパイルされないようにクエリを準備します。ステートメントの準備を無効にするには、ResourceOptions.DirectExecute を[True]に設定します。クエリを一回だけ実行する必要がある場合などに設定します。

クエリの実行

select クエリなど、結果セットを返すクエリを実行するには、Open メソッドを使用します。Open メソッドは、クエリを実行して結果セットを返し、それを開きます。クエリが結果セットを生成しない場合、Open メソッドはエラーを返します。

FDQuery1.Open('select * from Bugs where Creator = :Creator',['user@domain.com']);