製品をチェック

Bugzilla Cmdlets の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Bugzilla アイコン Bugzilla Cmdlets 相談したい

Bugzilla データにリアルタイム連携を実現するPowerShell Cmdlets。Cmdlets を使って、SQL Server と同感覚で多様なデータにリアルタイムアクセス。

Bugzilla データをPowerShell でMySQL にレプリケーションする方法

PowerShell のシンプルなスクリプトで、Bugzilla データ をMySQL データベースにレプリケーション(複製)する方法を紹介します。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2023-09-26
bugzilla ロゴ

CData

powershell ロゴ画像
MySQL ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

CData Cmdlets for Bugzilla を使えば、PowerShell からBugzilla データ データにリアルタイムで連携できます。データ同期などのタスクの連携にぴったりの製品です。 本記事では、PowerShell からCData Cmdlets for Bugzilla およびCData Cmdlets for MySQL を使って、同期スクリプトを作成して実行します。

まずは、PowerShell でBugzilla への接続を行います。レプリケーションは4つのステップがあります。

Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

  • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
  • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。

Bugzilla データの取得

  1. モジュールのインストール:

    Install-Module BugzillaCmdlets
  2. Bugzilla への接続:

    $bugzilla = Connect-Bugzilla -Url $Url -APIKey $APIKey
  3. 取得ターゲットのリソースの取得:

    $data = Select-Bugzilla -Connection $bugzilla -Table "Bugs"

    Invoke-Bugzilla cmdlet を使って、SQL-92 クエリを使用することもできます:

    $data = Invoke-Bugzilla -Connection $bugzilla -Query 'SELECT * FROM Bugs WHERE Creator = @Creator' -Params @{'@Creator'='user@domain.com'}
  4. 戻り値からカラム名のリストを保存します。

    $columns = ($data | Get-Member -MemberType NoteProperty | Select-Object -Property Name).Name

Bugzilla データをMySQL データベースにレプリケーション

カラム名を指定できるようにして、データをMySQL データベースにレプリケーションします。

  1. モジュールのインストール:

    Install-Module MySQLCmdlets
  2. MySQL DB に、MySQL Server 名、ユーザー、パスワード、レプリケーション先のデータベース名を指定して、接続します:

    $mysql = Connect-MySQL -User $User -Password $Password -Database $Database -Server $Server -Port $Port
  3. Bugzilla、保存された値、そしてAdd-MySQL Cmdlet を使って、MySQL にデータを1レコードずつ挿入します。この例では、MySQL 側のテーブルは、Bugzilla のリソース(Bugs)と同じテーブル名を持っている必要があります。

    $data | % { $row = $_ $values = @() $columns | % { $col = $_ $values += $row.$($col) } Add-MySQL -Connection $mysql -Table "Bugs" -Columns $columns -Values $values }

次回以降のレプリケーションをシンプルに実現

  • 一度PowerShell でBugzilla とMySQL に接続したら、次からは1行のコマンドでレプリケーションを実施できます:

    Select-Bugzilla -Connection $bugzilla -Table "Bugs" | % { $row = $_ $values = @() $columns | % { $col = $_ $values += $row.$($col) } Add-MySQL -Connection $mysql -Table "Bugs" -Columns $columns -Values $values }
  • 別のPowerShell モジュールで、Bugzilla を別のデータベースに複製する場合、Select-Bugzilla cmdlet のデータから、カラム、接続およびテーブルを除外しておきましょう。これらのデータはデータ移動のときだけ必要となるためです。

    $columns = ($data | Get-Member -MemberType NoteProperty | Select-Object -Property Name).Name | ? {$_ -NotIn @('Columns','Connection','Table')}

おわりに

これで、Bugzilla データをMySQL に複製できました。分析、BI などでBugzilla データをMySQL から使うことができるようになります。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。