Clear Analytics でDynamics 365 Business Central Data に連携するグラフを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Dynamics 365 Business Central ODBC Driver

Dynamics 365 Business Central ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートするさまざまなアプリケーションからDynamics 365 Business Central データへの接続を実現するパワフルなツールです。

標準のODBC ドライバーインターフェースを使用して、データベースのようにDynamics 365 Business Central にアクセスし、Items、Sales Orders、Purchase Orders などの読み、書き、更新を実行できます。



Clear Analytics でDynamics 365 Business Central data に連携したダイナミックチャートを作成し、分析を実施。

CData ODBC Driver for Dynamics 365 Business Central を使えば、Dynamics 365 Business Central に標準ODBC でのアクセスが可能になり、いろいろなBI、レポーティング、ETL ツールからデータ連携が可能になります。本記事では、Microsoft Excel のアドインであるClear Analytics からDynamics 365 Business Central データにODBC データソースとして接続し、クエリ、テーブル、チャート、ピボットテーブルを作成する方法を説明します。

Dynamics 365 Business Central Data への連携


ODBC Data Source Name の設定

If you have not already done so, provide values for the required connection properties in the data source name (DSN). You can use the built-in Microsoft ODBC Data Source Administrator to configure the DSN. This is also the last step of the driver installation. See the "Getting Started" chapter in the help documentation for a guide to using the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure a DSN.

Dynamics 365 Business Central への認証には、User およびAccessKey プロパティが必要です。

データに接続するには、OrganizationUrl を指定します。OrganizationUrl は、 http://businesscentral.dynamics.com/abc123/ などのBusiness Central アカウントへのエンドポインであるか、Web サービスのルートを参照する必要があります。OrganizationUrl を指定する方法 および利用可能なエンドポイントについての詳細は、Business Central エンドポイント を参照してください。 組織内に複数の会社がある場合は、どの会社に接続するかを特定するためにCompany を指定する必要があります。 会社が1つだけの場合は、Company を指定する必要はありません。

Dynamics 365 Business Central に認証するには、User およびAccessKey 接続プロパティを指定します。Microsoft では、これらをテストおよび開発目的で推奨します。ただし、運用環境での使用は推奨していません。 User およびAccessKey の値を取得するには、Dynamics 365 Business Central の「ユーザー」ページに移動して「編集」をクリックします。User Name および Web Service Access Key の値は、User およびPassword 接続文字列プロパティとして入力する値です。User Name はE メールアドレス ではありません。短縮されたユーザー名です。

Microsoft では、OAuth 認証を使用する本番ユースケースを推奨します。詳細については、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

When you configure the DSN, you may also want to set the Max Rows connection property. This will limit the number of rows returned, which is especially helpful for improving performance when designing reports and visualizations.

Clear Analytics でのデータソース設定

  1. Open Excel and navigate to the CLEAR ANALYTICS ribbon. Once there, open the Data Manager.
  2. Select Database as the data source.
  3. In the Set Connection section, click the option to create a new database.
  4. Select Microsoft ODBC Data Source as the data source and click OK.
  5. Select the DSN you already configured from the drop-down menu.
  6. Back on the Set Connection section, select Standard (ANSI ODBC) Query Builder as the SQL Builder Provider and click Next.
  7. Select the Schema/Owner and choose the domains (tables) that you wish to use in Clear Analytics.
  8. Prepare your data objects as needed by customizing the display names and descriptions of the tables and columns.
  9. For the vast majority of the CData ODBC Drivers, you will not set a key date for your domains.
  10. In the Domain Relations section, add any relational information between tables.
  11. In the Domain Tree section, create groups for your data and add the available items to the groups.
  12. Review the summary of your data and click Finish.

Dynamics 365 Business Central Data のグラフ作成

You are now ready to create a chart with Dynamics 365 Business Central data.

Create a New Query

  1. Click Repository in the CLEAR ANALYTICS ribbon.
  2. Create a new query.
  3. Select the columns you wish to retrieve.
  4. Set the aggregation type for your data (use the blank entry if you do not wish to aggregate the data).
  5. Set filters and formulas by dragging columns to the lower window.
  6. Name your query and click Save.

BQuery Report のグラフ作成

With the query created, you are now ready to execute a report and display a chart.
  1. Click Report Explorer in the CLEAR ANALYTICS ribbon.
  2. In the Report Explorer pane, click the 'New Report' icon in the toolbar.
  3. Select the query you just created.
  4. Name the report and click 'Save and Execute'.
  5. Click the Results tab within the Report Explorer
  6. Expand your report and drag the chart to the Excel spreadsheet.
  7. In the resulting PivotChart window, drag the fields (columns) to the Filters, Legends, Axis (Categories), and Values windows.

With a new data source in Clear Analytics established and a chart created, you are ready to begin analysis of Dynamics 365 Business Central data. With the ODBC Driver for Dynamics 365 Business Central and Clear Analytics, you can perform self-service analytics in Excel with live data, directly from Dynamics 365 Business Central.