Connect to FTP Data from PowerBuilder

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

FTP ODBC Driver

FTP ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートするさまざまなアプリケーションからSalesforce リモートファイルやディレクトリのリアルタイムデータ連携を実現するパワフルなツールです。

標準ODBC ドライバーインターフェースを通じて、データベースにアクセスするのと同じ感覚でリモートデータにアクセス。



This article demonstrates how to use the CData ODBC Driver for FTP to connect to FTP data and execute queries in PowerBuilder.

The CData ODBC Driver for FTP can be used from any platform or development technology that supports ODBC, including Sybase PowerBuilder. This article shows how to connect to FTP data and execute queries from the Database Painter and controls such as the DataWindow.

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Create a Profile for the ODBC Driver for FTP

Follow the steps below to use the Database Painter tool to create a database profile based on an ODBC DSN (data source name) for FTP. In the Database Painter, you can use wizards and the UI to work with FTP data.

  1. If you have not already done so, create an ODBC DSN for FTP. The DSN contains the connection properties required to connect to FTP data. You can use the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure DSNs. This is the last step of installing the driver. Required connection properties are the following:
    • RemoteHost

    FTP は、プレーンテキスト接続およびSSL/TLS 接続の両方をサポートします。FTP サーバーに接続するには、RemoteHost、User、およびPassword を指定します。SSLMode およびSSLServerCert を設定して、TSL/SSL による接続をセキュアにします。TLS/SSL を介した接続の設定について詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

    次の接続プロパティを設定し、ファイルシステムのリレーショナルビューをコントロールします。

    • RemotePath:現在の作業ディレクトリに設定。
    • TableDepth:ビューとしてレポートするサブフォルダの深度を制御するために設定。
    • FileRetrievalDepth:ファイルを再帰的に取得し、Root テーブルにリストするために設定。

    ストアドプロシージャ は、ファイル、のダウンロード、アップロード、およびプロトコルコマンドの送信に利用できます。 SQL を使用してサーバーと対話する方法の詳細については、ヘルプドキュメントの「データモデル」を参照してください。

    See the help documentation for a guide to creating a FTP DSN.
  2. In PowerBuilder, click Tools -> Database Painter.
  3. In the Objects window in the Database Painter, right-click the ODBC node and click New Profile.
  4. On the Connection tab, enter a name for the profile and select the FTP DSN in the Data Source menu.
  5. To view and modify a table, right-click a table and then click Edit Data -> Grid.

Using FTP Data with PowerBuilder Controls

You can use standard PowerBuilder objects to connect to ODBC data sources and execute queries. The following example shows how to retrieve FTP data into a DataWindow. You can add the following code to the open method:

SQLCA.DBMS = "ODBC" SQLCA.DBParm = "ConnectString='DSN=CData FTP Source'" CONNECT USING SQLCA; dw_mydirectory.SetTransObject(SQLCA); dw_mydirectory.Retrieve();