CData BizTalk Adapter for Google Cloud Storage のSQL コマンドスキーマを作成する方法

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage BizTalk Adapter

パワフルなBizTalk Adapter を使って標準オーケストレーションで、 Google Cloud Storage データをBizTalk Server に連携。

Google Cloud Storage のBuckets、Objects データをGoogle Cloud Storage アダプターで簡単に同期。データ同期、ローカルバックアップ、ワークフロー自動化に最適!



CData BizTalk アダプターは、XML としてデータを返すことにより、BizTalk でのGoogle Cloud Storage の処理を容易にします。BizTalk でアクセスしたいテーブルのXML スキーマファイル作成することで、このデータをBizTalk オーケストレーションで使用できます。

この記事では、CData BizTalk アダプターを使用して取得したGoogle Cloud Storage を処理するスキーマを作り出す方法を紹介します。SELECT コマンド用のスキーマを作成します。

CData BizTalk Adapter for Google Cloud Storage を使用して、Google Cloud Storage に標準のSQL コマンドを実行できます。

プロジェクトのGoogle Cloud Storage 用アダプターを追加する

以下のステップに従って、アダプターをBizTalk サーバープロジェクトに追加します。

  1. 未作成の場合は、Visual Studio で新規のBizTalk サーバープロジェクトを作成します。
  2. [Solution Explorer] の[project] で右クリックし、[Add] -> [Add Generated Items] と進みます。
  3. [resulting dialog box] の[Add Adapter Metadata] を選択します。
  4. 表示される[Add Adapter] ウィザードで、リストからアダプターを選択します。
  5. [Port menu] では、選択を空白のままにします。そのトランスポートタイプに合わせて構成されたアダプターを持つ受信場所や送信ポートを選択することもできます。

SQL コマンド用のスキーマを作り出す

[Add Adapter] ウィザードでアダプターを選択すると、[Schema] ウィザードが表示されます。以下のステップに従って接続プロパティを構成し、コマンドの結果のメタデータを取得します。

  1. BizTalk アプリで構成済みのアダプターを選択しなかった場合は、[Connection String] ページで、認証資格情報とその他の接続プロパティを入力します。下は一般的な接続文字列です。

    ProjectId='project1';

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

  2. 次ページ[Schema Information] の[General Options] セクションで、アダプターの構成に応じて[Send Port] または[Receive Location] を選択します。
  3. 結果セット全体のスキーマを作成するには、[Message Mode]メニューの[Single Message] オプションを選択します。結果セットの行ごとに1つずつのスキーマを作成したい場合は、[Message Per Row] オプションを選択し、メッセージのルート要素が[row] であることを確認します。
  4. [Command Type] メニューで、SQL コマンドを選択します。
  5. [Statement Information] ページの[SQL Command Text box] に、SQL コマンドを入力します。(受信場所や送信ポートが構成してある場合は、そのSQL コマンドがボックスに入力されます。)ここでは、下のクエリを使用します。

    SELECT * FROM Buckets

  6. ウィザードで表示される概要の設定を確認し、[Finish] をクリックしてschema.xsd ファイルを作成します。

スキーマの処理

簡易版BizTalk アプリでスキーマを利用する場合、 こちらのチュートリアルをご覧ください。