今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for SFTP を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Connect to SFTP Data in CloverETL

Transfer SFTP data using the visual workflow in the CloverETL data integration tool.

The CData JDBC Driver for SFTP enables you to use the data transformation components in CloverETL to execute create, read, update, and delete (CRUD) commands to SFTP data. In this article, you will use the JDBC Driver for SFTP to set up a simple transfer into a flat file.

Connect to SFTP as a JDBC Data Source

  1. Create the connection to SFTP data. In a new CloverETL graph, right-click the Connections node in the Outline pane and click Connections -> Create Connection. The Database Connection wizard is displayed.
  2. Click the plus icon to load a driver from a JAR. Browse to the lib subfolder of the installation directory and select the cdata.jdbc.sftp.jar file.
  3. Enter the JDBC URL. A typical JDBC URL is below: jdbc:sftp:RemoteHost=MyFTPServer;

    FTP は、SFTP プロトコルを使用してSFTP サーバーとの間のファイル転送を行います。接続するにはRemoteHost を指定します。FTP はUser、Password、および公開鍵認証(SSHClientCert)を使用します。 SSHAuthMode を選択し、選択に基づいて接続値を指定します。

    次の接続プロパティを設定し、ファイルシステムのリレーショナルビューをコントロールします。

    • RemotePath: 現在の作業ディレクトリに設定。
    • TableDepth: ビューとしてレポートするサブフォルダの深度を制御するために設定。
    • FileRetrievalDepth: ファイルを再帰的に取得し、Root テーブルにリストするために設定。
    ストアドプロシージャ は、ファイル、のダウンロード、アップロード、およびプロトコルコマンドの送信に利用できます。SQL を使用してサーバーと対話する方法の詳細については、データモデル を参照してください。

Query SFTP Data with the DBInputTable Component

  1. Drag a DBInputTable from the Readers selection of the Palette onto the job flow and double-click it to open the configuration editor.
  2. In the DB connection property, select the SFTP JDBC data source from the drop-down menu.
  3. Enter the SQL query. For example: SELECT * FROM MyDirectory

Write the Output of the Query to a UniversalDataWriter

  1. Drag a UniversalDataWriter from the Writers selection onto the jobflow.
  2. Double-click the UniversalDataWriter to open the configuration editor and add a file URL.
  3. Right-click the DBInputTable and then click Extract Metadata.
  4. Connect the output port of the DBInputTable to the UniversalDataWriter.
  5. In the resulting Select Metadata menu for the UniversalDataWriter, choose the MyDirectory table. (You can also open this menu by right-clicking the input port for the UniversalDataWriter.)
  6. Click Run to write to the file.
 
 
ダウンロード