Export Data from SQL Server to Sybase through SSIS

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Sybase SSIS Components

SQL Server 向けにSybase データをSSIS ワークフロー経由で連携できるパワフルなSSIS Source & DestinationComponent。

Data Flow Components を使って、Sybase データベースの同期やワークフローを構成。データ同期、ローカルへのバックアップ、ワークフロー自動化などに最適!



Easily push SQL Server data to Sybase using the CData SSIS Tasks for Sybase.

SQL Server databases are commonly used to store enterprise records. It is often necessary to move this data to other locations. The CData SSIS Task for Sybase allows you to easily transfer Sybase data. In this article you will export data from SQL Server to Sybase.

Add Source and Destination Components

To get started, add a new ADO.NET Source control and a new Sybase Destination control to the data flow task.

Configure the ADO.NET Source

Follow the steps below to specify properties required to connect to the SQL Server instance.

  1. Open the ADO.NET Source and add a new connection. Enter your server and database information here.
  2. In the Data access mode menu, select "Table or view" and select the table or view to export into Sybase.
  3. Close the ADO NET Source wizard and connect it to the destination component.

Create a New Connection Manager for Sybase

Follow the steps below to set required connection properties in the Connection Manager.

  1. Create a new connection manager: In the Connection Manager window, right-click and then click New Connection. The Add SSIS Connection Manager dialog is displayed.
  2. Select CData Sybase Connection Manager in the menu.
  3. Configure the connection properties. A typical connection requires:
    • User
    • Password
    • Server
    • Database
    • Charset

    Sybase は、Basic 認証、Kerberos 認証、LDAP 認証などの認証方法をいくつかサポートしています。

    Basic 認証を使用した接続

    次を設定してデータを認証し接続します。User およびPassword を設定してSybaseIQ 認証を使用します。

    • User:認証Sybase ユーザーのユーザー名に設定。
    • Password:認証Sybase ユーザーのパスワードに設定。
    • Server:SybaseIQ またはSAP SQL Anywhere データベースインスタンスの名前またはネットワークアドレスに設定。
    • Database:指定されたサーバーで実行されているSybaseIQ またはSAP SQL Anywhere データベースの名前に設定。

    オプションで、UseSSL をtrue に設定することにより、TLS/SSL で接続を保護できます。

    Note: 上記の本製品 設定でSAP SQL Anywhere のインスタンスに接続することもできます。

    Kerberos 認証を使用した接続

    Kerberos 認証を活用するには、次の接続プロパティを使用してそれを有効にすることから始めます。

    • AuthScheme:Kerberos に設定すると、Sybase への認証に使用されます。

    Kerberos 認証用に設定する必要がある接続プロパティに関しては、Kerberos の使用 情報を参照してください。

    以下は接続文字列の例です。

    Server=MyServer;Port=MyPort;User=SampleUser;Password=SamplePassword;Database=MyDB;Kerberos=true;KerberosKDC=MyKDC;KerberosRealm=MYREALM.COM;KerberosSPN=server-name

    LDAP 認証を使用した接続

    LDAP 認証で接続するには、LDAP 認証メカニズムを使用するようにSybase サーバーサイドを設定する必要があります。

    LDAP 用にSybase を設定したら、Basic 認証と同じクレデンシャルを使用して接続できます。

Configure the Sybase Destination

In the destination component Connection Manager, define mappings from the SQL Server source table into the Sybase destination table.

  1. Double-click the Sybase destination to open the destination component editor.
  2. In the Connection Managers tab, select the connection manager previously created.
  • Specify the table into which the data will be exported: On the Component Properties tab, enter the table name in the TableName property, under the Custom Properties section. In this case, you will transfer Products records.
  • On the Column Mappings tab, configure the mappings from the input columns to the destination columns.
  • Run the Project

    You can now run the project. After the SSIS Task has finished executing, data from your SQL table will be exported to the chosen table.