Mac OS X 上のMS Excel でAlfresco データを連携利用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Alfresco ODBC Driver

Alfresco ODBC Driver で、ODBC 接続をサポートするあらゆるツール・アプリケーションからAlfresco にデータ連携が可能になります。

標準ODBC Driver インターフェースでAlfresco のFiles、Folders、Users、Groups、Sites、Tags を仮想RDB としてSQL でアクセス。



iODBC でCData ODBC Driver for Alfresco のDSN を作成し、Mac OS X 上のMicrosoft Excel でAlfresco に連携。

Microsoft Excel は、データの入力、集計、グラフ表示、ピボットテーブル、マクロプログラミング言語など多様な機能により、Windows、Mac マシンを問わずビジネスユーザーに愛用されているアプリケーションです。 本記事では、iODBC でのAlfresco DSN の作成方法と、Mac OS X で起動するMicrosoft Excel からのAlfrescoの連携利用について説明します。

Mac OS X へのCData ODBC Drivers のインストール

CData ODBC Driver for Alfresco は、iODBC Driver マネージャに事前設定されているので、簡単に多くのツールから簡単に使うことができます。

iODBC のDSN の作成

ODBC Driver for Alfresco をインストールすると、iODBC Driver マネージャに登録されます。iODBC Administrator でDSN の接続プロパティを入力する必要があります。 ドライバーのインストールで自動的にシステムDSN が作成されます。システムDSN はすべてのユーザーからアクセスできます。一方、ユーザーDSN はそのユーザーからしかアクセスできません。 ただし、システムDSN の設定には権限が必要です。

  1. ターミナルを開き、次のコマンドを入力して正しい権限でAdministrator を開きます: sudo /Applications/iODBC/iODBC\ Administrator.app/Contents/MacOS/iODBC\ Administrator
  2. System タブでCData Alfresco データソースを開きます。
  3. Add ボタンをクリックし、key-value ペアの形で接続プロパティを入力します。

Alfresco に接続するには、次の接続プロパティを指定する必要があります:UserPassword、およびInstanceURLUser およびPassword は、Web ブラウザでAlfresco にアクセスするために使用するログインクレデンシャルに対応している必要があります。InstanceURL はクエリするAlfresco インスタンスに対応します。例えば、クエリをhttps://search-demo.dev.alfresco.me/alfresco/api/-default-/public/search/versions/1/sql にヒットさせたい場合は、InstanceURL にsearch-demo.dev.alfresco.me を指定する必要があります。

OAuth での認証の場合、OAuth フローが正しく実行されるためにDSN に追加でkey-value ペアを入力します:

Keyword  Value
OtherCheckPromptMode=False

Microsoft Excel からAlfresco データにアクセス

上のステップで設定されたDSN を使って、Microsoft Excel からAlfresco データにアクセスができます。

  1. Microsoft Excel を開き、スプレッドシートを開きます。
  2. データリボンの[データベース]から[新しいクエリ]を選択します。
  3. 上のステップで設定したユーザーもしくはシステムDSN を選択して、OK を押します。
  4. Microsoft Query ウィザードでクエリを作成します:
  5. [Return Data]をクリックして、クエリを実行して、Excel にデータを取得します。

CData ODBC Driver for Alfresco を使って、簡単にExcel にAlfresco を取得することができました。データ取得ができれば、Excel のパワフルな分析、レポート、変換機能を駆使して様々な処理を行うことが可能です。