Export Data from SQL Server to Google Cloud Storage through SSIS

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage SSIS Components

パワフルなSSIS Source & Destination Components で、SQL Server とGoogle Cloud Storage をSSIS ワークフローで連携。

Google Cloud Storage Data Flow Components を使って、Google Cloud Storage のバケットやオブジェクトを簡単に同期。データ同期、ローカルバックアップ、ワークフロー自動化に最適!



Easily push SQL Server data to Google Cloud Storage using the CData SSIS Tasks for Google Cloud Storage.

SQL Server databases are commonly used to store enterprise records. It is often necessary to move this data to other locations. The CData SSIS Task for Google Cloud Storage allows you to easily transfer Google Cloud Storage data. In this article you will export data from SQL Server to Google Cloud Storage.

Add Source and Destination Components

To get started, add a new ADO.NET Source control and a new Google Cloud Storage Destination control to the data flow task.

Configure the ADO.NET Source

Follow the steps below to specify properties required to connect to the SQL Server instance.

  1. Open the ADO.NET Source and add a new connection. Enter your server and database information here.
  2. In the Data access mode menu, select "Table or view" and select the table or view to export into Google Cloud Storage.
  3. Close the ADO NET Source wizard and connect it to the destination component.

Create a New Connection Manager for Google Cloud Storage

Follow the steps below to set required connection properties in the Connection Manager.

  1. Create a new connection manager: In the Connection Manager window, right-click and then click New Connection. The Add SSIS Connection Manager dialog is displayed.
  2. Select CData GoogleCloudStorage Connection Manager in the menu.
  3. Configure the connection properties. A typical connection requires:
    • ProjectId

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

Configure the Google Cloud Storage Destination

In the destination component Connection Manager, define mappings from the SQL Server source table into the Google Cloud Storage destination table.

  1. Double-click the Google Cloud Storage destination to open the destination component editor.
  2. In the Connection Managers tab, select the connection manager previously created.
  • Specify the table into which the data will be exported: On the Component Properties tab, enter the table name in the TableName property, under the Custom Properties section. In this case, you will transfer Buckets records.
  • On the Column Mappings tab, configure the mappings from the input columns to the destination columns.
  • Run the Project

    You can now run the project. After the SSIS Task has finished executing, data from your SQL table will be exported to the chosen table.