今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for JSON を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Connect to JSON from a Connection Pool in WebLogic

Use the CData JDBC Driver for JSON to connect to JSON services from Web applications running on WebLogic.

The CData JDBC Driver for JSON enables you to follow standard procedures to integrate JSON services into Java Web applications. This article shows how to deploy the CData JDBC Driver for JSON in WebLogic server.

Install the JDBC Driver in WebLogic Server

Add the driver JAR and license file to the classpath your application will be using. The .lic file must be located in the same folder as the JAR. These files are located in the lib subfolder of the installation directory.

If you want to add the driver to all domains, add the JAR to the WEBLOGIC_CLASSPATH environment variable. add the following line to the commEnv.cmd/sh script in WL_HOME\common\bin\.

set WEBLOGIC_CLASSPATH=your-installation-directory\lib\cdata.jdbc.json.jar;%WEBLOGIC_CLASSPATH%

If you want to add the driver to a specific domain, you will need to add the JAR to the PRE_CLASSPATH environment variable. Add the following line to the setDomainEnv.cmd/sh script in the bin subfolder of the folder for that domain:

set PRE_CLASSPATH=your-installation-directory\lib\cdata.jdbc.json.jar;%PRE_CLASSPATH%

Create a JDBC Data Source for JSON

After installing the driver, create the connection.

  1. In the Domain Structure tree, click Services -> Data Sources -> New -> Generic Data Source.
  2. On the JDBC Data Source Properties page, enter the following information:
    • Name: Enter a user-friendly name; for example, jsonjdbc.
    • JDBC Name: Enter the path the JDBC data source will be bound to; for example, jdbc/JSON.
    • Database Type: Select Other.

  3. Click Next to use the default options. On the last page, enter the following information and click Test Configuration:

    • Driver Class Name: Enter the driver class, cdata.jdbc.json.JSONDriver, in this property.
    • URL: Enter the JDBC URL. A typical JDBC URL is below:

      jdbc:json:URI=C:\people.json;DataModel=Relational;

      データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

      URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

      DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

      • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
      • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
      • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

      リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

    • Database User Name: Enter the username, if not specified in the JDBC URL.
    • Password: Enter the password, if not specified in the JDBC URL.

After selecting the server where you want to deploy the JDBC data source, you can now connect to JSON services.

More WebLogic Integration

The steps above show how configure the driver in a simple connection pooling scenario. For more use cases and information, see the JDBC sections in the WebLogic Data Sources chapter of the Oracle Fusion Middleware documentation.

 
 
ダウンロード