Tag: etl



  • データ連携ツールで重要な「接続先の多様さ」

    by 疋田 圭介 | May 17, 2017

    図4 EAIをはじめとしたデータ連携ツール選定のポイント(複数選択式) 先日、日経BPコンサルティングから 「データ連携に関するアンケート調査」 が発表されました。 データ連携の導入済み企業がツール選定の際に重視したポイントを見てみましょう(上図)。 一番重視されるポイントは「接続先が多様」で、43.2%の回答者が選択しています。そして、前々回33.3%、前回37.8%で今回が43.2%と近年急速に重要度が高まっています。 この結果について少し考えてみます。 企業の利用データの多様化 企業サイドで、RDBMS とExcel, CSV だけではなく、複数のSaaS 利用が一般的になったことが原... [read more]


  • Magic xpi リリース発表会にブース出展

    by 疋田 圭介 | April 03, 2017

    超高速リアルタイムEAI ツール、Magic xpi の新バージョン発表会を兼ねたセミナーにCData Software がブース出展致します。 日時: 2017年4月25日 (火) 13:00~16:40(受付開始 12:30~) 開場: 新宿NSビル30F NSスカイカンファレンス ホールB イベントサイト: https://www.magicsoftware.com/blogs-social-media Magic xpi からのCData ODBC Driver 活用 EAI であるMagic xpi はODBC に対応しており、CData の70を超えるODBC Driversをそ... [read more]


  • データ関連ツールとCData Driver との関係

    by 疋田 圭介 | September 11, 2016

    データ統合ツールといえば、Informatica、Talend といった海外製品や、ASTERIA などの国内の製品名が思い浮かぶ方が多いと思います。 DWH 、BI、帳票ツールなどもデータ関連のツールです。これらの製品とCData Driver は競合しているのでしょうか?それとも別の機能を持った製品なのでしょうか? この記事では、他のデータ関連ツールとCData Driver との違いを説明します。 データ活用のプロセス データ活用にはいくつかのプロセスがあります。 「発生」→「つなぐ」→「加工」→「貯める」→「使う」 まずは通常の業務オペレーションにおいて取引データやセンサーデータが「... [read more]


 
 
ダウンロード