Oracle
 

Oracle FireDAC Components

Delphi & C++Builder アプリの外部データ接続機能を拡張!

The fastest and easiest way to connect Delphi and C++ Builder Apps with live Oracle Database data.


  ダウンロード   価格

The Oracle FireDAC Component enables user to easily connect to Oracle from Delphi & C++ Builder applications. Oracle データベースに連携するDelphi & C++Builder アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

Features

  • Compatible with Oracle Database 11.2 or later
  • Connect to live Oracle Database data, for real-time data access
  • Full support for data aggregation and complex JOINs in SQL queries

Specifications

  • Native FireDAC Components for Oracle seamlessly integrate with RAD Studio
  • Comprehensive support for CRUD (Create, Read, Update, & Delete)
  • Full Unicode support for data, parameter, & metadata
  • Support for 32-bit & 64-bit operating systems
  • Requires Delphi, C++ Builder, or RAD Studio 10.2 Professional or higher


AVAILABLE IN:
FireDAC SUBSCRIPTIONS
225+ FireDAC Drivers For Real-Time Data Access
詳細

FireDAC Components

あらゆるデータソースにRDB と同感覚で連携が可能に



標準FireDAC Components


MySQL やSQL Server のようなRDBMS への接続と同感覚。 TDFManager、TDFConnection、TDFQueryUse といった標準FireDAC components として。


	FDConnection1.Name := 'OracleConnection';
	FDConnection1.DriverName := 'CData.Fire.Oracle';
	with FDConnection1.Params as
	    TFDPhysCDataOracleConnectionDefParams do begin

	    ...
	end;


	FDConnection1.Connected := true;
	FDQuery1.Active := true;
	FDQuery1.Open('select * from OracleTable');

	...

	

Type SQL, Get Oracle


データ連携アプリケーションを開発する最適解。 RDBMS の扱いと同感覚で、Oracle への連携を、標準SQL で実装可能。JOIN、更新系、集計など多彩なSQL サポート。

SELECT WITH INNER JOIN

	SELECT OracleTable.Id, OracleTable.Name, OracleTable.Fax,
	  Opportunity.AccountId, Opportunity.CloseDate
	FROM OracleTable
	INNER JOIN Opportunity
	  ON OracleTable.Id = Opportunity.AccountId
	

集計関数

	SELECT Name, AVG(AnnualRevenue) FROM OracleTable GROUP BY Name
	

CRUD 処理

	UPDATE OracleTable SET Name='John' WHERE Id = @myId
	


エンタープライズレベルの機能


  • シームレスなデータ連携:多機能・高パフォーマンスなデータ連携コンポーネントでDelphi & C++Builder アプリにSaaS、NoSQL、Big Data への連携を実装。
  • 開発者にやさしい: RAD Studio から直接ランタイムでのデータ処理をサポート。IDE Data Explorer およびFireDAC Explorer から直接リアルタイムデータにアクセス。
  • 複製とキャッシング: 複製(レプリケーション)とキャッシング機能で、SQL Server, Oracle、Google Cloud SQL などのデータをローカルおよびクラウドデータストアに格納。レプリケーションコマンドは差分(インクレメンタル)更新をサポート。
  • 文字列型、日付型、数値型のSQL 関数群 : ドライバーは50以上の関数ライブラリを持ち、カラムと出力フォーマットを操作します。代表的な例では正規表現、JSON、およびXML 処理機能があります。
  • 集計クエリ: ドライバーは、クライアントサイドの集計処理を可能にします。データに対するSUM、AVG、MAX、MIN などの処理が自由自在に。
  • カスタマイズや設定が容易: FireDAC コンポーネントのデータモデルは、テーブルやカラムの追加や削除やデータ型の変更といったカスタマイズが簡単に行えます。カスタマイズはランタイムで扱いやすいスキーマファイルを編集するだけで実行できます。.
  • セキュアな接続: すべてのクライアント - サーバー間接続において、TLS / SSL データ暗号化などのエンタープライズレベルのセキュリティ機能が備わっています。